サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レース後“グッタリ”のハミルトン、疲労感の正体は新型コロナの後遺症?「シルバーストンでも似たような感じだった」

ここから本文です
 波乱のレースとなったF1ハンガリーGPでポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、チームの戦略ミスにより最後尾まで落ちるも怒涛の追い上げで3番手フィニッシュ。ハードな戦いを終えたハミルトンは、表彰式でも膝に手を置く場面が見られるなど疲労の色を隠しきれない様子で、レース後はチームドクターに付き添われていた。

 極度の疲労と軽いめまいを感じていたというハミルトンは諸々のメディア対応を遅らせたが、体調が落ち着いた後にFIAの記者会見に出席し、通常のTVインタビューにも対応した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン