サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機、高出力EV用モーターユニット開発 高性能スポーツカーなどを想定

ここから本文です
 ヤマハ発動機は12日、高出力タイプの電気自動車(EV)向け電動パワーユニットを開発し、4月から試作開発の受託を開始すると発表した。今回開発したモーターユニットは最大出力が350kWで、減速機やインバーターと一体化した「eアクスル」。モーターの冷却を油冷にすることでサイズをコンパクトにした。スタートアップなどが手がける少量生産のハイパワーEVに4基程度搭載することを想定しており、受注活動を本格化する。

 同社は昨年2月に最高出力35~200kWのEV向けモーターの試作開発受託を開始した。現時点で「問い合わせも多く、具体的に話が進んでいるものもある」(同社)としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ