現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~

ここから本文です

タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~

掲載 10
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~

タイヤを交換したときに行うホイールバランス調整。専用の計測器で測定することで重さが足りない点を計測。そこに重りを付けることでタイヤが回転したときに振動が出てボディやステアリングに伝わることを防いでくれる。

このときにプロは当然行っていることだが、タイヤとホイールを組む場所はその目安がある。多くのメーカーではタイヤを製造時に1本ずつ計測し、そのタイヤのもっとも軽い点が黄色いマークで示されている。

社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~

◆回転をスムーズにするバランスウエイトの装着位置とは
ホイール側はエアバルブがある場所がもっとも重いはずでその軽点マークとバルブの位置を合わせて組むのが定説とされている。そうすることで重さと軽さが打ち消しやすく、ホイールバランスウエイトを少なくできるという考えだ。

だが、その場所で組んだときにタイヤの丸さとホイールの丸さが必ずしもベストとは限らないことがあるのだ。そもそもタイヤも完全な真円ではない。ホイールも同様に完全な真円ではない。限りなく真円に近いがわずかにズレていることもある。その2つの円を組み合わせると場合によってはわずかにタイヤが回転したときに上下にフレることがある。ホイールバランス調整をするときに高速回転させるとわかるが、タイヤがグワングワンと上下に動いていることがあるのだ。

そういった場合に行うのが位相合わせと呼ばれる作業。これはタイヤとホイールの噛み合っている場所を変えること。一旦空気を抜いて、ビードを落としてから力を入れてタイヤだけを回すことでタイヤだけを回すもの。意図的に軽点マークとホイールのエアバルブの位置をズラすのだ。そうすることによって上下にグワングワンと動いてタイヤを真円に近づけることができる。しかし、その位置にすればいいか明確にはわからないので、ある程度ズラしてみて再び空気を入れてからタイヤを回転させて確認する作業が必要となる。

◆バランスウエイトは乗り心地に大きな影響をもつ
この位相合わせをバッチリすると確かに乗り心地が良くなる。これまでわずかにタイヤが上下にフレていたのが本来の乗り心地だと思っていたが、ほぼフレが無いまで位相合わせをすればフラットでしっとりとした乗り心地を感じられるのだ。

ならば、毎回それをやれば良いのだが問題はその手間。一旦タイヤとホイールを組んで回転させ、その回転を見て一度ビードを落としてズラして再度空気を入れて回転させて確認するという作業を4輪とも納得するまで行うと相応の時間がかかってしまう。そうなると必然的に工賃もかさむわけでなかなか現実的にはそこまでやってもらえるお店が少ない現状もある。だが、そういった徹底したタイヤの組み方を売りにしているお店もある。ホイールバランスだけでなくいかに綺麗に回転するかを追求しているプロの技を是非体感してもらいたいところ。

そんなきちんと組んだタイヤを装着するならホイールはぜひハブで支持してもらいたい。純正ホイールはその中心がハブ面の中心にガッチリ噛み合うようになっていて、スタッドボルトとナットはホイールを締め付ける役割で、荷重を受けるのはハブで受けるようになっている。

アフターパーツのホイールだとさまざまな車種に取り付けられるようにハブのホールが大きくなっていて、そのままでも取り付けられるがハブセンターによる支持ではなく、スタッドボルトとホイールナットによる支持になってしまう。こうなるとスタッドボルトで荷重を受けているので本来の設計とは異なるし、なによりホイールが中心からわずかにズレて取り付けられてしまうこともある。

◆社外ホイールを装着する場合にはハブリングは必須!?
そこでハブリングを装着し、ホイールとクルマのハブセンターがガッチリと噛み合うようにすることで、ホイールは確実に中心位置で回転することができる。せっかく位相合わせしたタイヤがちゃんと取り付けられることで正しく回転してくれるようになるのだ。

こうした取り付けや位相合わせ、ホイールバランス調整でタイヤは驚くほどフィーリングが変わる。ビシッとまっすぐ走るようになり、乗り心地もよくなる。そういったメリットがあるのでタイヤ交換時だけでなく、車検ごとや毎年こうした調整を行うのも手。数万円の出費で気持ちよく走れるようになるのであれば費用対効果はかなり高い。パーツを取り付けるだけがチューニングではなく、こうした調整、調律も立派なチューニングなのだ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
F1エミリア・ロマーニャGP FP1:大型アップデート実施のフェラーリ、ルクレールが首位発進。角田は6番手につける
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
フェルスタッペン、マクラーレン勢との激しいポール争いを制す。角田裕毅が躍動7番手|F1エミリア・ロマーニャGP予選
motorsport.com 日本版
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
アジアクロスカントリーラリー、2024年大会のマレーシア区間中止が決定。タイでの一国開催に
AUTOSPORT web
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
角田裕毅、今季5度目のQ3進出で7番手! 熾烈ポール争いはフェルスタッペン制す|F1エミリア・ロマーニャGP予選速報
motorsport.com 日本版
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
「ルート66」で一番有名なネオンが30年ぶりに点灯!「ロイズ」を再興したのはひとりの日系人でした【ルート66旅_52】
Auto Messe Web
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
“これまでとは違うオートポリス”の戦い方。過去の経験が邪魔になる?/SF第2戦プレビュー
AUTOSPORT web
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
アーロンが最速。FIA F2フリー走行はベアマンのクラッシュで赤旗終了に/第4戦イモラ
AUTOSPORT web
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
Auto Messe Web
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
motorsport.com 日本版
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
乗りものニュース
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
AUTOSPORT web
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
AUTOSPORT web
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
乗りものニュース

みんなのコメント

10件
  • たーぼー
    格安のホイールやアジアンタイヤなんかは何個ウエイト付ければ合うねん、みたいな事があると車屋で働く友人が言ってたな。高けりゃ良いってもんじゃないけど、高いのには理由があるってことかな。
  • amw********
    位相合わせ=ランナウト調整だね
    勘でやるのはほぼ無理だろね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村