現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヒョンデのSUV型電気自動車は400万円を切る! 日本導入第2弾「コナ」を発表

ここから本文です

ヒョンデのSUV型電気自動車は400万円を切る! 日本導入第2弾「コナ」を発表

掲載 7
ヒョンデのSUV型電気自動車は400万円を切る! 日本導入第2弾「コナ」を発表

2023年10月30日、ヒョンデはバッテリーEV(以下BEV)である「コナ」を発表した。ジャンルとしては小型SUVタイプのクルマとなる。

■コナってどんなクルマ?

価格は498万円から!三菱トライトン、日本仕様プロトタイプを公開【ジャパンモビリティショー2023】

日常のさまざまなシーンで使い勝手のよいスペースユーティリティ、そしてV2L/V2Hなどをはじめとした利便性の高い「マルチプレイヤー」なコンパクトSUVとヒョンデは謳っている。そのボディサイズは、全長4355mm✕全幅1825mm✕全高1590mm。国産車でいえばホンダ ヴェゼルやマツダMX-30に近いサイズ感だ。

例えばMX-30 EVと一充電航続距離を比較してみると、圧倒的にコナのほうが上(MX-30は256km、コナは456km~625Km)。価格も451万~501万円のMX-30 EVに対し、コナは399万3000~489万5000円と割安感が目立つ。コナの手ごろなコンパクトSUVで、電気自動車がいいと思っているユーザーは気になる存在となりそう。駆動方式は全車FFだ。

■日本の道でも鍛えられた

開発者によると、日本は交通環境が複雑で、なおかつクルマ選びにこだわりを持つユーザーが多いとのこと。そこでこのコナでは、日本の道でもテストを実施。北海道の豪雪地帯や複雑な道路構造の首都高、はては富士山周辺のワインディングロードを走ったりと、入念にチューニング。

その結果のひとつが日本の道路環境に合わせこんだ「ドライブモードセレクト」だという。エコ・ノーマル・スポーツ・スノーの4種類から選択可能。そのほかに、回生量を調整できるパドルシフト、アクセル開度で停止までコントロールできるワンペダルドライブ、車間距離に応じて回生量を自動調整するスマート回生機能など、多彩な機能も持ち合わせる。

■先進装備も充実

ナビゲーションにはAR機能を搭載。ディスプレイに映るフロントカメラ映像に車線や矢印などを表示し、行き先をわかりやすく案内してくれるものだ。ADAS関連も充実していて、ACCやレーンキープはもちろん、ウインカー操作だけで車線変更も可能。自動ブレーキも交差点対応型。ただし、グレードによって違いがある。また、スマートキーで車外からリモートでの前進・後退操作もできる。こちらは全車標準だ。

リーズナブルな価格に長い航続距離、充実した装備に取りまわしのしやすいパッケージ。日本の市場はどう受け止めるのか、楽しみな1台が登場した。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

こんな記事も読まれています

三菱自動車、新型バッテリーEVを発表!軽商用「ミニキャブEV」は航続距離180kmを実現
三菱自動車、新型バッテリーEVを発表!軽商用「ミニキャブEV」は航続距離180kmを実現
driver@web
LEXUS、バッテリーEV専用モデル「RZ」にFWDモデル「RZ300e」を追加導入! また、一部改良を実施
LEXUS、バッテリーEV専用モデル「RZ」にFWDモデル「RZ300e」を追加導入! また、一部改良を実施
月刊自家用車WEB
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
Webモーターマガジン
60万円安くて100km長く走れる! バッテリーが進化したレクサス「RZ」にFFモデルが出たぞ!
60万円安くて100km長く走れる! バッテリーが進化したレクサス「RZ」にFFモデルが出たぞ!
ベストカーWeb
EVの入門用としてもアリかも!? 斬新なルックスのヒョンデ新型「コナ」は日本市場にアジャストした使い勝手のいい電動コンパクトSUV
EVの入門用としてもアリかも!? 斬新なルックスのヒョンデ新型「コナ」は日本市場にアジャストした使い勝手のいい電動コンパクトSUV
VAGUE
ヒョンデ コナ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ヒョンデ コナ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
BYDシール、実際どうなのか? 侮れないEVセダンを珠海サーキットで試す
BYDシール、実際どうなのか? 侮れないEVセダンを珠海サーキットで試す
AUTOCAR JAPAN
メルセデスベンツ GLC 新型にPHEVを追加、EV航続は118km
メルセデスベンツ GLC 新型にPHEVを追加、EV航続は118km
レスポンス
レクサス BEV専用モデル「RZ」にFWD車「RZ300e」追加導入
レクサス BEV専用モデル「RZ」にFWD車「RZ300e」追加導入
グーネット
レクサス、前輪駆動のバッテリーEV「RZ300e」を追加。「RZ400e」も一部改良を実施
レクサス、前輪駆動のバッテリーEV「RZ300e」を追加。「RZ400e」も一部改良を実施
driver@web
マツダ新型「ワイルドSUV」登場! 全幅190cm超えのワイドボディדハイパワー四駆”搭載! 新型「CX-50 HEV」中国で発売
マツダ新型「ワイルドSUV」登場! 全幅190cm超えのワイドボディדハイパワー四駆”搭載! 新型「CX-50 HEV」中国で発売
くるまのニュース
結局は「低価格」が勝つのか? 中韓メーカーの攻勢にどうなる日本のBEV市場!
結局は「低価格」が勝つのか? 中韓メーカーの攻勢にどうなる日本のBEV市場!
WEB CARTOP
第三世代となるポルシェ・パナメーラ発表 新型モデルからターボグレードは更なる差別化へ
第三世代となるポルシェ・パナメーラ発表 新型モデルからターボグレードは更なる差別化へ
AUTOCAR JAPAN
820万円!? レクサスが新型「高級SUV」発売! 軽量ボディで走りがイイ! FWDの「RZ」とは?
820万円!? レクサスが新型「高級SUV」発売! 軽量ボディで走りがイイ! FWDの「RZ」とは?
くるまのニュース
サクラ並に伸びた!! 満充電で180kmも走れるゾ!! ミニキャブEVは電気版N-VANに勝てるか!?!?
サクラ並に伸びた!! 満充電で180kmも走れるゾ!! ミニキャブEVは電気版N-VANに勝てるか!?!?
ベストカーWeb
メルセデス・ベンツ、「GLC」にプラグインハイブリッドを追加! 「GLC 350 e 4MATIC Sports Edition Star」発売開始
メルセデス・ベンツ、「GLC」にプラグインハイブリッドを追加! 「GLC 350 e 4MATIC Sports Edition Star」発売開始
月刊自家用車WEB
2023年に発表された注目の1台 スバル新型SUV「レヴォーグ・レイバック」ってどんなクルマ? SNSでの反響とは?
2023年に発表された注目の1台 スバル新型SUV「レヴォーグ・レイバック」ってどんなクルマ? SNSでの反響とは?
VAGUE
720万円超えのトヨタ“新”「高級セダン」登場! 鮮烈ブルー&流麗デザインがカッコイイ! 先進運転支援強化の新「MIRAI」18日発売
720万円超えのトヨタ“新”「高級セダン」登場! 鮮烈ブルー&流麗デザインがカッコイイ! 先進運転支援強化の新「MIRAI」18日発売
くるまのニュース

みんなのコメント

7件
  • どーしてもカッコ良いとは思えないんだよなぁ
  • そもそもヒュンダイって、日本進出してコケたんじゃなかったっけ!?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

161.9312.3万円

中古車を検索
MX-30の買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

161.9312.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村