サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE三亜ePrxの開催延期が決定。WHOのコロナウイルス”緊急事態宣言”を重視

ここから本文です

フォーミュラE三亜ePrxの開催延期が決定。WHOのコロナウイルス”緊急事態宣言”を重視

フォーミュラE三亜ePrxの開催延期が決定。WHOのコロナウイルス”緊急事態宣言”を重視

 フォーミュラEは、3月21日に開催される予定だった三亜ePrixについて、開催延期を決定した。

 中国におけるコロナウイルスの流行について、ここ数週間の状況を注視していたフォーミュラEだが、被害状況は悪化の一途をたどっている。そんな中、世界保健機関(WHO)が『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』だと宣言したことが、開催延期の判断に大きな影響を与えたようだ。

■収まらない新型コロナウイルス感染拡大……フォーミュラE、三亜ePrxの中止も検討?

 三亜ePrixの開催延期は決定されたものの、”状況が改善された場合、代替開催の可能性の調査に適切な時間を作るため”、現時点で代替開催の日程は発表されていない。

 フォーミュラEは声明で、次のように述べた。

「コロナウイルスの拡散が継続していることを考慮し、海南省および三亜市の関連部門と緊密な協議をした結果、FIAとフォーミュラE、中華人民共和国自動車オートバイスポーツ連盟(CAMF)、および地域パートナーのエノヴァ・ホールディングスは、2020年3月21日に三亜でレースを行なわないことを決定した」

「健康への懸念が高まり、WHOがコロナウイルスを国際的な緊急事態だと宣言しているため、フォーミュラEはスタッフやチャンピオンシップ参加者、観客の健康と安全を確保するために必要な措置を講じる」

「我々は地域パートナー、海南省および三亜市の地方当局と緊密に連携し、状況を監視し続けている。状況が改善された場合、全ての関係者は代替開催の実行可能性を調査するために、適切な時間をかける」

 状況が改善されなければ、三亜でのレースが完全にキャンセル可能性が残っていると考えられる。

 その場合、フォーミュラEは欧州ラウンドのレースをひとつ追加するか、7月のニューヨークePrixがダブルヘッダーに変更される可能性がある。

 中国では、F1中国GP(4月19日決勝)が予定されているが、今回の三亜ePrix延期の判断がF1の開催に影響するかどうかは分かっていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します