サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 突然の愛猫の主治医探しに奔走して痛感した「古いクルマの主治医の大切さ」の話

ここから本文です

運営元:旧車王
著者 :松村 透

旧車王ヒストリアとは?ご挨拶に代えて

私の家には、先日、8才になったばかりの雌猫がいる。この子との出会いは、2014年に近所のスーパーで見掛けた「猫の里親募集」のチラシがきっかけだった。

スーパーからほど近いとある動物病院で保護されていた「元野良猫」だ。

この猫との初めての出会いはいまでもよく覚えている。すぐに連絡を取り、里親募集をしていた動物病院に行ってみた。

あいにくチラシに載っていた子はすでに引き取り手が決まっており、たまたまその場に居たのがウチの子だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン