サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全国で26件目に。日産が下野市と電気自動車(EV)を活用した災害連携協定を締結

ここから本文です

栃木日産自動車販売の「日産リーフ」を無償貸与して電源を供給

日産自動車と栃木県下野市、栃木日産自動車は3月23日、電気自動車(EV)を活用した「災害連携協定」を締結した。

「島下泰久&今井優杏」人気モータージャーナリストが「日産スカイライン」の進化を解き明かす【その2】

この協定の内容は、下野市が「電気自動車(EV)の普及を通じて環境負荷の低減を進めるとともに地震災害等による大規模停電が発生した際、市が指定する避難所等で栃木日産自動車販売より貸与されるEV「日産リーフ」を電力源として活用。避難所の円滑な運営を行ない、市民の安全確保に努める」というもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ