サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全国で26件目に。日産が下野市と電気自動車(EV)を活用した災害連携協定を締結

ここから本文です

全国で26件目に。日産が下野市と電気自動車(EV)を活用した災害連携協定を締結

栃木日産自動車販売の「日産リーフ」を無償貸与して電源を供給

日産自動車と栃木県下野市、栃木日産自動車は3月23日、電気自動車(EV)を活用した「災害連携協定」を締結した。

「島下泰久&今井優杏」人気モータージャーナリストが「日産スカイライン」の進化を解き明かす【その2】

この協定の内容は、下野市が「電気自動車(EV)の普及を通じて環境負荷の低減を進めるとともに地震災害等による大規模停電が発生した際、市が指定する避難所等で栃木日産自動車販売より貸与されるEV「日産リーフ」を電力源として活用。避難所の円滑な運営を行ない、市民の安全確保に努める」というもの。

下野市は、「ともに築き 未来へつなぐ 幸せ実感都市」をビジョンとして掲げ、安全安心で、子育てしやすく、幸せを実感できる都市を目指している。その一環として、未来を見据えた安全安心な街づくりを進めている。一方、日産は日本の環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表。全国の自治体や企業と協力して、EV普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。

この日産自動車が推進するブルー・スイッチ活動と、下野市が推進する環境、防災体制についての取り組みにお互いが賛同。今回、本協定の締結を行う運びとなった。今回の「災害連携協定」は、日産が締結した自治体・企業との災害連携協定としては全国で26件目となる。

電気自動車を活用した「災害連携協定」の概要

【協定の概要】

・下野市で災害を起因とする停電が発生した際、栃木日産自動車販売の市内店舗に配備しているEV「日産リーフ」を無償で貸与する。

・下野市、栃木日産自動車販売の協力によりEVからの給電を行なうことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命および身体の安全を守る。

・下野市および日産自動車、栃木日産自動車販売は、平常時もEVの普及促進を行なうほか、市の防災訓練等に協力。災害時迅速に対応できるよう連携を図る。

 

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します