サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車、2019年度リサイクル収支黒字分から2億円を関連財団へ拠出

ここから本文です
三菱自動車は6月30日、自動車リサイクル法に基づき、2019年度(2019年4月~2020年3月)における自動車シュレッダーダスト(ASR)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目の再資源化等の実施状況を公表した。

2019年度の実績は、ASRの引取り量は21万7915台・3万1655トンで、このうち3万0560トンを再資源化。再資源率は96.5%となり、法定基準値70%を達成した。エアバッグ類は、15万8464台・54万3957個を引取り、再資源化率は94.5%で、法定基準値85%を達成。フロン類の引取りは18万7548台・4万2680kgとなり、適正に処理した。

おすすめのニュース

サイトトップへ