サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECオースティン:トヨタ、最大ハンデの7号車が予選最前列。8号車は「タイヤを温めきれず」3番手

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権第5戦ローン・スター・ル・マンの予選が2月22日、アメリカ・テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で行われ、TOYOTA GAZOO Racingはマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組7号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2番手、僚友のセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組8号車は総合3番手につけた。

 テキサス州オースティンでの戦いはWECにおける2020年初レース。今戦は開催が中止されたサンパウロ戦の代替イベントとして行われており、その影響で通常よりも1日少ないツーデイズ開催となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ