サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > グロージャン、2021年のF1最終戦は「心臓がバクバクだった」と振り返る……メルセデスでのF1テストは今年中に実施予定

ここから本文です

 F1ドライバーとして10シーズンを戦い、10度表彰台に登った経験を持つ元F1ドライバーのロマン・グロージャン。2021年からは活躍の舞台をインディカ―へ移し、2022年からは名門アンドレッティ・オートスポートに移籍する。

 インディカ―のプレスカンファレンスに出席したグロージャンは、かつて同じグリッド上で戦ったルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)による昨シーズンのF1最終戦でのタイトル争いは「心臓がバクバクだった」と振り返った。

■マクラーレン「トップチームがF1を人質にしている」

「最高だね!」とグロージャンは開口一番にそう語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ