サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ダイハツとして難しいかじ取りも?】新型ハスラー対抗の新型タフトに勝算はあるのか!?

ここから本文です

【ダイハツとして難しいかじ取りも?】新型ハスラー対抗の新型タフトに勝算はあるのか!?

 2020年1月20日からスズキ「新型ハスラー」の販売が開始された。初代に比べて、よりスクエア感を増したデザインを採用し、現時点で3カ月以上の納車待ちとなっている。初代の納車まで1年待ちに比べれば短いが、下馬評どおり好調な滑り出しだ。

 そんな新型ハスラーの対抗すべくダイハツが送り出すのが、東京オートサロン2020に出展された「新型タフト」だ。まだプロトタイプという位置づけだったが、ほぼ市販車といえるレベルまで作りこまれていた。

【パルコからラグビーW杯まで】 一世を風靡!? 懐かしのコラボグルマたち

 そんな対抗心むき出しのモデルとあって、気になるのが新型ハスラーに対して、タフトは下克上を果たすだけの力があるのか? ということ。今回はプロトタイプから見える新型タフトの商品力を、渡辺陽一郎氏が分析していく。

 また販売合戦が過熱することで、両メーカーで再び起きかねない問題についても触れておきたいと思う。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部

【画像ギャラリー】新型ハスラー対抗である「タフト」を詳しくご覧いただこう!

■まずは触れておきたい初代ハスラー登場で起きた販売合戦

 2019年に国内で売られた新車のうち、37%が軽自動車であった。販売ランキングの1位もN-BOX、2位はタント、3位はスペーシアで、全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた軽自動車が上位を独占した。

 そのいっぽうで2020年1月には、SUVスタイルの軽自動車として新型ハスラーも発売された(発表は2019年12月)。つまりスズキは、全高が1700mmを超えるスペーシアで売れ行きを伸ばし、SUV風の新型ハスラーで個性を求める需要にも応える。ワゴンRに以前の勢いはないが、それでもアルトを含めて販売は堅調だ。

2020年1月に発売された新型ハスラー。受注累計は2万台を突破したと推定されている。軽トールワゴンでは万人受けするワゴンRと、個性が欲しい人向けのハスラーと、ラインナップのすみ分けがうまくされている

 こうなると不安を隠せないのがダイハツだ。6年前の、あの恐ろしい悪夢が蘇る……。

 かつての軽自動車市場では、1973年以来、スズキが販売1位であった。この流れが暦年では2007年に変わり、ダイハツが1位に入れ替わった。ダイハツは今でも軽自動車の1位を守るが、唯一2014年だけは、スズキに1位を譲った。その背景にあったのが、2014年1月に発売された先代(初代)ハスラーの大ヒットだ。2014年には1カ月平均で8686台を売り、スズキの販売台数を底上げした。

キュートなエクステリアデザインでデビューして以来大人気となった初代ハスラー

 そこでダイハツも負けられず販売攻勢を仕掛ける。両社譲らず、2014年の累計届け出台数は、11月の時点でダイハツが63万1984台、スズキは63万7253台であった。まさに接戦だ。両社とも2014年には軽自動車販売1位を賭けて、販売会社に在庫車を届け出させて台数を水増ししていたが、それでも僅差にとどまる。もはや引っ込みが付かない。

 そして2014年12月の悪夢が訪れた。可能な限り在庫車を届け出して、スズキの対前年比は152%、ダイハツも140%に急増した。対前年比の台数から判断すると、わずか1カ月間に、3~4万台の在庫車が販売会社によって届け出されている。これがすべて届け出済み未使用中古車として、中古車市場に放出された(今は新古車の表現は禁止されている)。

 そして2014年の累計販売台数は、スズキが70万9083台、ダイハツは70万6288台になり、僅か2795台の差でスズキが1位になった。 自社届け出の誤差であった。

 販売台数を粉飾する目的で、新車をわざわざ価値の下がる中古車に卸すのは、まったく意味のない行為だ。中古車市場には走行距離が数kmの中古車が溢れ、中古車価格全体が値崩れを起こす。そうなるとユーザーが愛車を下取りに出す時の売却額も下がり、愛車の資産価値をいたずらに下げてしまう。

 先代ハスラーは優れた軽自動車だったが、その高人気がスズキとダイハツを不毛な販売合戦に駆り立て、結果的に軽自動車のリセールバリューを悪化させたのだ。

 この影響で2015年には売れ行きが落ち込み、2014年に比べて17%の減少になった。2015年4月には軽自動車税も値上げされたが、2015年のマイナスは、増税前の1月から既に始まっていた。販売合戦の痛手は大きく、2015年に続いて2016年も、小型/普通車は3%のプラスなのに軽自動車は9%のマイナスを強いられた。

 そしてダイハツはハスラーに対抗することも視野に入れて2015年にキャストを投入したが、売れ行きが低迷した。1カ月の販売目標を5000台に設定したが、2017年には1カ月平均が3795台となり、ハスラーの販売実績を下まわった。キャストは、SUV風のアクティバ、質感を高めた都会的なスタイル、ターボエンジンのみのスポーツという3つのシリーズを用意したが、逆に車種の個性が曖昧になり、販売面で失敗に終わった。

■ハスラーに挑むタフト 何が強みとなるのか?

 そこで新型ハスラーに向けた新たな刺客として送り込まれるのがタフトだ。販売店によると「発売は2020年の7~8月で、予約受注は6月頃に開始する」という。

「東京オートサロン2020」に出展されたタフトのプロトタイプを見ると、水平基調のボディ、ホイールアーチやボディの下まわりに装着されたクラッディング(黒い樹脂パーツ)などがハスラーに似ている。

2020年1月の東京オートサロンで公開された新型タフトのプロトタイプ。スクエア感をハスラーよりも強調している


 中央のピラー(柱)を太く見せるようなリヤ側のドアパネルは、ワゴンRにソックリだ。ダイハツがかつて用意していたネイキッドに似た印象も受けるが、多くのユーザーはハスラーの後追い商品と受け取るだろう。キャストのように競争を避ける配慮はせず、ハスラーのライバルであることをストレートに表現している。

 これは今の軽自動車に多いパターンだ。N-BOXカスタム、タントカスタム、スペーシアカスタムなどは、グレード名もデザインもほぼ同じだ。標準ボディは個性を演出しているが、エアロパーツを装着したカスタムは、どれも見分けが付きにくい。ユーザーの求めるデザインが統一されており、各車とも似てくるわけだ。真似をしたというより、同じユーザーをターゲットに開発された結果だろう。それでもユーザーの側から見れば、後発モデルは真似をしたと受け取られてしまう。

 大切なことは、機能でどれだけ個性を発揮できるかだ。東京オートサロンに出展されたタフトを見る限り、ハスラーと明確に異なるのはガラスルーフ程度になる。荷室や後席の背面に汚れを落としやすい素材を使っているのは、ハスラーも同じだ。

 そしてプロトタイプを見る限り、タフトに後席のスライド機能はなさそうだ。後席の背もたれを前側に倒した時、座面が連動して下がり、床面の低いフラットな荷室にアレンジする機能も見当たらない。

タフトのプロトタイプには、後席のスライド機構がない。後席の使い勝手に関しては、新型ハスラーに分がある

 ちなみにハスラーは、先代型を含めて、後席のスライドと背もたれに連動した昇降機能を左右独立式で備えている。ダイハツのタントにも同様の機能があるから、タフトに装着することも可能だと思われるが、プロトタイプを見る限り備わっていない。そうなると荷室の使い勝手とシートアレンジは、すでにハスラーに負けている可能性が高い。

 収納設備もハスラーは助手席の前側に、上から縦方向にアッパーボックス、トレイ、グローブボックスを並べた。タフトはトレイとグローブボックスのみだからシンプルだ。

 パーキングブレーキはタフトが注目される。ハスラーやタントは足踏み式だが、タフトのプロトタイプは電動式だ。軽自動車の電動パーキングブレーキは、今ではデイズやN-WGNも採用するから珍しくないが、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールの機能を向上できる。全車速追従型で追従停車した場合、ハスラーやタントは停車後約2秒を経過すると勝手に再発進するが、タフトは電動パーキングブレーキに自動的に切り替えて追従停車を続けられる。

ペダルはふたつ(アクセル&ブレーキ)のみ。足踏み式サイドブレーキではなく、センターに電動パーキングブレーキのスイッチが見える

 ただしこの優位性では、ハスラーに追い付かれる可能性も高い。タフトをハスラーに向けた刺客とするには、ハスラーの購入を考えているユーザーに、「これならタフトのほうがいい」と思わせる魅力を与えねばならない。

■タフトのハスラーへの下克上なるか!?? 気になる戦況

 結論をいえば、タフトは商品力が弱く、発売のタイミングも遅かった。仮に1年前に発売されていれば、新型ハスラーは登場しておらず、居住性や積載性の優れたSUVタイプの新しい軽自動車として注目されただろう。1年前なら現行型のデイズやN-WGNも登場していないから、全車速追従型クルーズコントロールも、軽自動車で初採用というインパクトがあった(N-BOXのクルーズコントロールは25km/h以下でキャンセルされる)。

 ところが1年遅れると、ハスラーが新型にフルモデルチェンジされてSUV感覚をさらに強め、デイズは新型になってプロパイロットを装着する。N-WGNには全車速追従型クルーズコントロールと電動パーキングブレーキが備わり、衝突被害軽減ブレーキは自転車も検知する。そして車内の広いSUV感覚の軽自動車として、eKクロスに続いてeKクロススペースまで登場するのだ。

軽トールワゴンというカテゴリーでも、先進安全装備がクルマ選びの重要なポイントになっている。タフトも全車速追従型クルーズコントロールが採用されることがあれば、非常に大きな武器になる

 この発売時期がわずか1年遅れただけで、市場の評価が大きく変わる進化の速さと競争の激しさ、これこそが軽自動車の新車市場シェアを40%近くまで高めた原動力だ。従ってタフトは残念なクルマになってしまった。仮にプロトタイプ通りに発売して相応に成功させるには、価格を思い切り割安に設定するなどの対策が必要だろう。

 少なくとも、ダイハツ、スズキともに、2014年の悪夢だけは繰り返さないでいただきたい。

【画像ギャラリー】新型ハスラー対抗である「タフト」を詳しくご覧いただこう!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します