サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 将来、街の整備工場が存続の危機に…フロントガラス交換が簡単にできなくなるワケ

ここから本文です

■整備に関する新制度が4月からスタート

新型コロナウイルスの感染対策で混乱している2020年4月、自動車整備に関する新制度がスタートしたのをご存じだろうか。自動車整備制度は、クルマの安全な運行のために設けられているもので、これまでのエンジンやブレーキなどを取り外して行う「分解整備」は一般にもよく知られている。

幻に終わったサーキット「伊豆スピードウェイ」をご存知か【東京オリンピック1964年特集Vol.9】

新制度は、こうした取り外しを伴わなくても電子制御装置の作動に影響を及ぼす整備、または改造などまで整備制度の対象に含めるというものだ。ここでいう電子制御装置は、先進安全装備の緊急ブレーキやレーンキープなど、いわゆるADASのこと。

おすすめのニュース

サイトトップへ