サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカール・ラリー8日目:アロンソ、ステージ優勝逃すも自己最高の2位。サインツ総合首位キープ

ここから本文です

ダカール・ラリー8日目:アロンソ、ステージ優勝逃すも自己最高の2位。サインツ総合首位キープ

ダカール・ラリー8日目:アロンソ、ステージ優勝逃すも自己最高の2位。サインツ総合首位キープ

 2020年ダカール・ラリーの8日目。ワディ・アド・ダワシール周辺を走る474kmのステージは、これまでとは異なる顔ぶれが上位に並んだ。

 ステージ優勝を飾ったのはSRT Racingのマシュー・セラドリ。ステージ後半で抜け出し、他車よりも4分以上速いタイムで、ステージを駆け抜けた。これは、セラドリにとって初のステージ優勝となる。

■悲しみに暮れるダカール・ラリー。アロンソ「事故を知って凍りついた」

 トヨタのフェルナンド・アロンソは、ステージ2位。ステージ優勝こそならなかったが、アロンソにとっては3日目のステージ4位を上回り、最高位でのフィニッシュとなった。総合では13番手につけている。

 総合順位では、カルロス・サインツSr.(X-Raid ミニ)がトップで変わっていない。だがこの日、サインツはステージ15位と苦しんだ。

 競技7日目の事故で二輪のパウロ・ゴンカルベスが亡くなったことで、この日は二輪およびクワッドバギーの走行がキャンセルとなった。そのため、サインツはバイクの轍を追うことができず、ルートをゼロから開拓しなければならなかったのだ。

 ステージ序盤の150kmで、サインツはトップから15分遅れ、総合2番手のナサール・アルアティヤ(トヨタ)からも8分遅れてしまった。サインツが総合トップから陥落する恐れもあったが、後半に挽回。アルアティヤに対して3分20秒を失ったが、総合では6分40秒のリードを保っている。

 総合3番手はX-Raid ミニのステファン・ペテランセル。この日、サインツとの差を6分以上詰めることに成功し、13分9秒差で追っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します