サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM代表ベルガー、構想する電動新シリーズはフォーミュラEとは”まったく異なる”と説明

ここから本文です

 DTMは、バッテリーもしくは燃料電池から供給されるエネルギーを使用して戦う、電動ツーリングカーによるシリーズの構想があることを発表した。このシリーズで使われるマシンは最高時速320km、出力も1000馬力を誇るといい、さらにレース中には産業用ロボットを活用して、バッテリーもしくは水素燃料タンクを交換することになるという。

 DTMを運営するITRのゲルハルト・ベルガー代表は、マーケティングの面では賞賛しながらも、フォーミュラEに批判的な人物だった。

■DTMが新しい電気自動車シリーズの構想を発表。産業用ロボがバッテリーを交換?

 フォーミュラEもDTMが構築を目論む電動ツーリングカーシリーズ同様、電動マシンによる選手権。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン