サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > SF代役出場で活躍の笹原右京、現在は“ホンダ陣営リザーブドライバー”として不測の事態に備える「現場に帯同し色んなことを吸収したい」

ここから本文です
 2021年スーパーフォーミュラ第4戦SUGOのパドックには、今季開幕2戦に代役出場して速さを見せた笹原右京の姿があった。第3戦オートポリスこそ不在だった笹原だが、今回から現地入りし、“リザーブドライバー”としてレースウィークに帯同するようだ。

 近年の笹原は、図らずも“スーパーサブ”として大いに存在感を発揮している。2020年は渡航制限により参戦が叶わなかったユーリ・ヴィップスの代役として、TEAM MUGENからスーパーフォーミュラデビューを果たし、結果的に開幕戦から全戦出走。結果が残せないレースが続く中でも随所に速さを見せ、最終戦で7位初入賞を果たした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン