サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「脱炭素」の切り札となるか?「水素エンジン」開発で見えたトヨタの「近未来の自動車像」とは

ここから本文です

トヨタがなぜ水素燃料車をレースに投じてきたのか

 今年で4回目を数える「スーパー耐久富士24時間レース」(5月22~23日)に、ガズーレーシング(以下GR)が、水素燃料によるカローラスポーツを参戦させるというニュースを耳にしたのは、開催まであと1カ月と迫った4月下旬のことだった。

トヨタが手がける実証都市「Woven City」 静岡県裾野市で2021年着工スタート

 正直、この一報は驚きのひと言だった。水素燃料車による参戦の意味は、24時間レースの勝敗を睨んだものではなく、実験参加、試験参加であることはすぐに理解できた。しかし、なぜトヨタがこの時期に水素燃料車なのか、という点が大きな疑問だったからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン