サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 驚異の”タイヤ無交換”作戦で10位入賞。オコン「もう1周あったら、パンクしていただろうね」

ここから本文です

 F1トルコGPで、信じられないようなレースをしたドライバーがひとりいた。アルピーヌのエステバン・オコンである。オコンは12番グリッドからスタートして10位入賞……驚くべきはその順位ではなく、タイヤ無交換で58周を走り切ったことだ。

 トルコGPの決勝は、スタート前から雨に見舞われた。ただその雨はずっと霧雨のような状態であり、インターミディエイトタイヤの使用に適したコンディション。これが止まることはなく、スタートからチェッカーまで、ずっと路面を濡らし続けた。

■ステイアウトで一時首位走行も作戦失敗……しかしルクレールに後悔なし「あれはギャンブルではなかった」

 ドライコンディションならば、レース中に最低1回タイヤを交換する義務が生じる。

おすすめのニュース

サイトトップへ