サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ミニキャブバンなど、三菱 軽3車種を一部改良…燃費向上やグレード再編など

ここから本文です
三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』のエンジンを改良して燃費性能を向上させたほか、軽乗用車『タウンボックス』を一部改良し、4月21日から販売を開始した。

ミニキャブバンは、可変バルブタイミング機構を排気側にも採用するなどエンジンを改良したほか、4AT車はアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を採用することで、燃費性能を約10%向上させた。上級グレードはターボエンジン搭載の「ブラボーターボ」を廃止して自然吸気エンジン搭載の「ブラボー」を新たに設定。ディスチャージヘッドライトの採用や新色「クールカーキパールメタリック」を設定している。

おすすめのニュース

サイトトップへ