サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPサンマリノFP2:ウエット路面でヨハン・ザルコ躍動、大差のトップ。中上貴晶は大苦戦24番手

ここから本文です

 MotoGP第14戦サンマリノGPのフリー走行2回目が行なわれた。このセッションでトップタイムとなったのは、プラマックのヨハン・ザルコだった。

 MotoGPクラスのFP2前に行なわれたMoto3クラスのFP2はドライコンディションで行なわれたものの、MotoGPクラスのセッションが始まる前に勢いの強い雨が振り始めてしまった。

■MotoGPサンマリノFP1:ビニャーレス、アプリリアで初のトップタイム! 終盤の降雨でスッキリしないセッションに

 雨足は程なく弱まったものの、路面はフルウエット。そのため各ライダーはレインタイヤでコースへ向かった。なお今戦からレースへ復帰したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ペトロナス・ヤマハSRT)はしばらくピットに留まって様子を伺っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン