サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECトヨタ、ワンツーで2019年締めくくり。可夢偉「チームに感謝。ミスなく戦えた」

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦バーレーン8時間レース決勝が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車が優勝。8号車が2位となり、トヨタは最高の形で2019年を締めくくった。

 トヨタは第3戦上海で優勝を逃し、今回も厳しいサクセス・ハンディキャップを抱えてグリッド2列目から決勝に臨んだ。

■7号車独走優勝でトヨタ勢1-2。厳しいサクセスハンデ乗り越え、レベリオンを下す

 スタート直後、フロントロウのレベリオン1号車とチームLNTのジネッタ5号車が接触。これでトヨタ7号車がトップに立った一方、8号車はコースに復帰した際に軽いダメージを負って10番手まで後退した。7号車はトップを快走。

おすすめのニュース

サイトトップへ