サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCモンテカルロ:トヨタのオジエがシェイクダウン最速。エバンスが0.6秒差の3番手

ここから本文です

WRCモンテカルロ:トヨタのオジエがシェイクダウン最速。エバンスが0.6秒差の3番手

WRCモンテカルロ:トヨタのオジエがシェイクダウン最速。エバンスが0.6秒差の3番手

 2020年のWRC世界ラリー選手権は1月22日、第1戦モンテカルロ開幕前最後の走行チャンスとなるシェイクダウンが行われ、セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムをマークした。2番手タイムはティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)、3番手タイムはエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が記録している。

 1月23日にモナコ公国の埠頭でセレモニアルスタートが行われて開幕する2020年のWRC第1戦モンテカルロ。開幕前にマシンの動作確認を行う機会のシェイクダウンはフランス・ギャップに設けられた全長3.35kmのターマック(舗装路)ステージで行われた。

WRC:トヨタ、新体制で2020年初戦モンテカルロへ。マキネン「新しいラインアップで臨む興味深い1戦に」

 このシェイクダウンステージは積雪もない完全なドライコンディションのなか行われ、2019年シーズンのドライバーズランキング順にアタックが行われた。

 先頭でコースインしたのはドライバーズチャンピオンのオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)で、1分58秒5のタイムを記録。続いてアタックしたヌービルが1分57秒2までタイムを縮めてみせた。

 そして3番手でアタックしたのが、2020年からTOYOTA GAZOO Racing WRTへ移籍したオジエ。この1回目のアタックではヌービルをコンマ1秒上回る1分57秒1を記録してみせ、暫定トップに立った。

 その後も各ドライバーが複数回シェイクダウンステージを走行したが、結局オジエのタイムを上回るドライバーは現れず。新天地トヨタで自身7度目のワールドチャンピオン獲得を目指すオジエがトップで2020年シーズン最初のシェイクダウンを終えた。

 オジエと0.1秒差のシェイクダウン2番手はチャンピオン候補のなかで唯一、チームを移籍していないヌービルが獲得。以下、0.6秒差のエバンス、1.2秒差のタナク、2.3秒差のテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)が続いた。

 シトロエンからMスポーツ・フォードに移籍したエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)はオジエと2.6秒差のシェイクダウン6番手。トヨタの新人、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)は2.9秒差の7番手、勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)は4.8秒差の10番手だった。

 2020年のWRC第1戦モンテカルロは、このあと現地23日17時(日本時間24日1時)にセレモニアルスタートが行われて開幕する。その後、現地20時38分(日本時間24日4時38分)にフランス山中でのナイトステージとしてSS1~2が行われる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します