サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 日本のコンパクトとどっちがいい!? BMW・118i Play【スタワゴ的】カスタム目線で輸入車を知る! トナリのクルマCHECK

ここから本文です

日本のコンパクトとどっちがいい!? BMW・118i Play【スタワゴ的】カスタム目線で輸入車を知る! トナリのクルマCHECK

FF化で居住性が大幅アップ!
先進機能満載のユーロコンパクト


BMW 118i Play

10万円UPでこの走り!? マニュアル欲しい人お待たせ! C-HRのGRスポーツってどうなの!? 【新型車試乗記】


BMWの中で最もコンパクトなモデルとして支持されている1シリーズ。

これまでFRレイアウトを採用してきたが、昨夏のフルモデルチェンジでFF化。それにより恩恵を受けたのが室内だ。後席足元で40mm、ラゲッジで20ℓの空間が増しているのはその証拠。

実際に、居住性や積載性がアップしたことで、乗りやすさ&使いやすさは先代とは大きく変わっている。

そして、もうひとつ触れておきたいのが、高機能な運転支援システム。

新たにレーンチェンジウォーニングなどが追加され、安全運転をサポート。中でも日本のBMWでは初導入となるタイヤスリップコントロールシステム(ARB)は、DSCを経由せずに直接エンジンを制御することでアンダーステアを大幅に抑制。結果、安定して俊敏なドライビングを楽しめるようになった。

他にも、AIを活用したパーソナルアシスタントやコネクテッドサービスが充実。いまの時代に合った“駆け抜ける喜び”を届けてくれるぞ。


大型化されたキドニーグリルが特徴のフェイスまわり。フォグランプは118i系のみ標準で装備される。

118i系のパワートレーンは103kW(140ps)を発生する1.5ℓ3気筒ターボ+7速DCT。

ハートビートのようなラインでバーが点灯するテールレンズもワイド感を演出するのに貢献している。



ダコタレザーのシートやHUDを搭載するメーターなどを備えるインテリア。オプションの電動パノラマガラスサンルーフは3シリーズより大きく頭上の開放感を大幅にアップ。

スタワゴ的インプレッション
ボディサイズやパワートレーンなど日常的なシーンで必要十分なパッケージ。FF化されて居住性がアップしているほか、様々な安全装備の介入も自然で、ほとんどの人はすんなり乗れると思う。新型3シリーズから装備されているリバースアシストは、ぜひ一度体験してみて欲しい機能だ。一方でインテリジェントアシスト機能は、発音が悪いのかうまく作動せず。ちなみにM135iはスポーツ度丸出し。パワーのあるエンジンと専用チューニングのサス、Z4と共通のデフなどが装備されていて運転の楽しさを純粋に堪能!

【SPECIFICATION】
【BMW 118i Play】
全長4335×全幅1800×全高1465mm、ホイールベース2670mm、車両重量1390kg、総排気量1499cc、最高出力103kW/4600-6500rpm、最大トルク220Nm/1480-4200rpm、トランスミッション 7速DCT、燃料消費率16.8km/ℓ(JC08モード) ■価格:375万円

Mの名を冠するフラッグシップ!
BMW M135i xDrive

ホットバージョンとなるM135i xDriveはX2 M35iと同じ225kw(306ps)を発生する4気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載。専用のサスペンションを装備し、標準よりも10mm低くセッティング。■価格:630万円

M社のコーポレートカラーをシートのパイピングとシートベルトにさり気なくレイアウト。

118i系はボディ色あるいは黒のドアミラーだが、M135iのみガンメタで差を付けている。

スタイルワゴン2020年2月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します