現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜボルボXC60は売れているのか?

ここから本文です

なぜボルボXC60は売れているのか?

掲載 6
なぜボルボXC60は売れているのか?

登場以来、高い人気を保っているボルボのミドルクラスSUV「XC60」。小川フミオがあらためて最新のPHEV(プラグイン・ハイブリッド)に試乗し、人気の理由を考えた。

最初とは別モデルのようだ

新型スバル・レガシィ登場! 伝統のセダンは今

SUVが欲しい! そこで間違いない買い物をしたい……そう思っているのならば、ボルボ「XC60」はイイ。とりわけ、PHEVモデルがさきごろパワーアップ。走りのスムーズさは特筆に値する。

2021年11月に改良を受けたXC60。2022年5月中旬にプレス向けに試乗の機会が提供されたのは「XC60リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション」だ。

あたらしい点は、パワーユニットの出力アップ。AWDは全輪駆動方式なので、前後に1基ずつモーターを搭載する。今回はリアのモーター出力が、従来の65kWから107kWに、最大トルクは240Nmから309Nmへと向上した。

フロントモーターの数値(52kW、165Nm)は据え置きであるが、リアがパワーアップしたことで、「よりレスポンスに優れた、パワフルな加速性能と、効率の良い回生ブレーキを実現した」とボルボ・カー・ジャパンの広報担当者は説明してくれた。

出力が向上した背景には、駆動用バッテリーの総電力量のアップがある。従来の 11.6kWhから、今回は18.8kWhへと向上。バッテリーの電力量は60%以上の強化となり、EVレンジも81kmの航続距離を持つように。

そもそも、全長4710mm、全高1660mmのボディを持つXC60は、適度に余裕あるサイズとともに、毎年のように洗練度が上がっていることで、私にはたいへん好感度が高い。極端にいえば、日本に最初に入ってきたころと、別のモデルのようだ。

VEMに注目!

今回のリチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプションは、スキのない完成度の高さを感じさせる。パワーユニットの面では、エンジンとモーターを走行状態に応じて車両が使いわける「ビークル・エナジーマネージメント(VEM)」が注目だ。

このシステムをオンにするには、ナビゲーションで目的地設定をする必要があるものの、そのあとは、アクセルペダルの踏みこみ量や、バッテリー残量などいくつかのパラメターを使う。

「ナビゲーションに設定された予測ルートに応じ、最適なエネルギーの使用を判断」すると説明される。実際には、高速でも負荷が少ないときはエンジンが停止。加速に移ると、メーター内の表示でエンジンに切り替わったことがわかる。

エンジンとモーターの切り替わりは、上記のように、メーターを見ていないとまずわからない。それほどスムーズだ。

そもそも、エンジンがかなり気持ちよい。

今回のターボチャージャーと、エンジンマネージメントシステムの設定が奏功していて、パワフルで、かつ出力に息継ぎ感がない。ぱっと加速するし、どこまでも速度が上がっていくような痛快ぶり。おみごと! と、ホメてあげたくなるほど。

ボルボのファンになる理由

プラグイン・ハイブリッドではあるが、急速充電には対応していない。理由としては「長い距離をカバーできるほどの容量はバッテリーにないので、重量やコストなど、大きなバッテリーのメリットとデメリットを考えて、ロングチャージに対応すればよい、というのが開発陣の判断」と、ボルボ・カー・ジャパンの技術担当者は説明してくれた。

ボルボのプラグイン・ハイブリッド車はチャージボタンをもっていて、必要に応じて、走行中もエンジンを使ってバッテリーへの充電を行える。リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプションでも、(日本だととくに)早朝や深夜などのEV走行のために、バッテリー残量を確保するときチャージボタンを使うとひともいるようだ。

バッテリーは大きくなくても、モーターの“力”は大きい。家庭で充電すればバッテリーによる走行でトータルの燃費が向上するのと、残量がゼロになることはないので、つねに全輪駆動が確保される。なので、加速時や滑りやすい路面の走行時など頼りになるのだ。

ボルボは、2030年にはBEV(バッテリー駆動のピュアEV)専業メーカーになることをめざすという。バリューチェーン全体でカーボンニュートラルを実現しようというし、車載バッテリーについても、車内での再利用や、バッテリーの材料を回収して、新しいバッテリーを製造する方針を打ち出している。

上記のようなことがらが、おそらく私たちをボルボのファンにさせているのだろう。BEV戦略も着々と進んでいるようだ。

ただし、電気代ががんがん上がっていく昨今。いろいろあるので、すぐにBEVに買い替えるのはためらわれるなんていうひとは、今回の「XC60 リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWD インスクリプション」でいいではないか、と私は思う。クルマの楽しさがしっかりあるモデルだ。

文・小川フミオ 写真・田村翔

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
レスポンス
マツダ新型「CX-5」発表! 待望の「“安価”グレード」が復活! 4000ccクラスの加速力発揮する「カーボンターボ」仕様もある「新モデル」米に登場
マツダ新型「CX-5」発表! 待望の「“安価”グレード」が復活! 4000ccクラスの加速力発揮する「カーボンターボ」仕様もある「新モデル」米に登場
くるまのニュース
インディアン「スカウト」シリーズがフルモデルチェンジ! ファクトリーカスタムモデルの「スカウトボバーリミテッド」に、アクティブ女子の指出瑞貴が挑戦しました!
インディアン「スカウト」シリーズがフルモデルチェンジ! ファクトリーカスタムモデルの「スカウトボバーリミテッド」に、アクティブ女子の指出瑞貴が挑戦しました!
バイクのニュース
「車内で立てる!」めちゃ広い「軽バン」実車展示!“開く屋根”採用で4人が寝られる! 家電も使用可能な「軽キャンパー」がスゴい
「車内で立てる!」めちゃ広い「軽バン」実車展示!“開く屋根”採用で4人が寝られる! 家電も使用可能な「軽キャンパー」がスゴい
くるまのニュース
ヘッドアップディスプレイ向け、ガラス用中間膜の生産能力を増強…積水化学タイ工場
ヘッドアップディスプレイ向け、ガラス用中間膜の生産能力を増強…積水化学タイ工場
レスポンス
新首都名「ヤマト」! 総費用4兆円! かつて存在した東京湾をほぼ埋める「ネオ・トウキョウ・プラン」の衝撃
新首都名「ヤマト」! 総費用4兆円! かつて存在した東京湾をほぼ埋める「ネオ・トウキョウ・プラン」の衝撃
WEB CARTOP
新型ヴェゼル vs ライバル比較《カローラクロス/クロストレック》
新型ヴェゼル vs ライバル比較《カローラクロス/クロストレック》
グーネット
純粋主義のロードスター「マツダ MX-5」はその本質を保っている!今や希少な存在となったMX-5の魅力をスコットランドで堪能する
純粋主義のロードスター「マツダ MX-5」はその本質を保っている!今や希少な存在となったMX-5の魅力をスコットランドで堪能する
AutoBild Japan
渋滞地獄の「東名遠すぎ」豊橋・湖西エリアが便利に!? 事業化目前の「浜松湖西豊橋道路」に反響多数「早く繋げて」「頼む」どこまで計画進んだのか
渋滞地獄の「東名遠すぎ」豊橋・湖西エリアが便利に!? 事業化目前の「浜松湖西豊橋道路」に反響多数「早く繋げて」「頼む」どこまで計画進んだのか
くるまのニュース
11月21日の開催までいよいよ4か月! 一部チケットは値下げ! ラリージャパンは今年もクルマ好きのお祭りになる!
11月21日の開催までいよいよ4か月! 一部チケットは値下げ! ラリージャパンは今年もクルマ好きのお祭りになる!
ベストカーWeb
サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
レスポンス
直近の新車販売ではN-BOXがやや失速気味もホンダ全体は絶好調! 登録車は新型フリードとシエンタの争いが注目
直近の新車販売ではN-BOXがやや失速気味もホンダ全体は絶好調! 登録車は新型フリードとシエンタの争いが注目
WEB CARTOP
ホンダ高級ミニバン「エリシオン」復活!? オデッセイとは違う? 強敵多いも堅調な人気! 販売される中国での現状は
ホンダ高級ミニバン「エリシオン」復活!? オデッセイとは違う? 強敵多いも堅調な人気! 販売される中国での現状は
くるまのニュース
もうこれでいいじゃん! コメリの高圧洗浄機が安くて高性能でハイコスパ
もうこれでいいじゃん! コメリの高圧洗浄機が安くて高性能でハイコスパ
月刊自家用車WEB
リノベーションすれば立派なガレージハウスに!!【千葉県旭市の海近店舗付き住宅】
リノベーションすれば立派なガレージハウスに!!【千葉県旭市の海近店舗付き住宅】
バイクのニュース
『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
『RAV4』と競合、ヒョンデ『ツーソン』改良新型はHEVとPHEVで商品力強化
レスポンス
第一汽車、「車と道路とクラウド一体化」に向けて戦略的提携…中国長春市などと締結
第一汽車、「車と道路とクラウド一体化」に向けて戦略的提携…中国長春市などと締結
レスポンス
ポルシェ 911ダカール【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
ポルシェ 911ダカール【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

6件
  • 今のSUVでカッコいいと思うのはボルボとジャガーだね
    デザインって大事
  • XC60のベストバイはD4ですね。
    キャラクターとの相性が抜群。
    PHEVもいいだろうけど、高額だよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.01039.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.01039.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村