現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 速いハコは文句なしにカッコイイ!ベルキット製プラモ「フォード・エスコートRS」を堪能する・後編【モデルカーズ】

ここから本文です

速いハコは文句なしにカッコイイ!ベルキット製プラモ「フォード・エスコートRS」を堪能する・後編【モデルカーズ】

掲載 2
速いハコは文句なしにカッコイイ!ベルキット製プラモ「フォード・エスコートRS」を堪能する・後編【モデルカーズ】

徐々にパワーアップを重ねていき…

ベルキットのフォード・エスコートRSとその作例については、前編の記事(下の「関連記事」参照)ですでにお伝えしたので、ここでは実車のエスコートMk1について、もう少しくわしく触れてみよう。

完全自作のエンジンに驚愕せよ!ベルキット製プラモ「フォード・エスコートRS」を堪能する・前編【モデルカーズ】

【画像63枚】塗装、デカール、組み立て……その工程の全てを見る!

エスコートは、現在のフォーカスに繋がるヨーロッパ・フォードの小型車で、1968年に登場した。当時は欧州のフォードは統一されておらず、イギリス・フォードの車種としてデビューしたエスコートであるが、1969年からはドイツ・フォードでも生産されることとなる。ヨーロッパ・フォードは前年の1967年にすでに設立されており、言うまでもなくこれは車種の統合に向けた動きであった。

当時のイギリス・フォードのラインナップの中では、コルチナよりさらに下に位置するベーシックカーがこのエスコートであり、かつアングリア105E(1959年登場)の後継車という位置づけである。エスコートの名は、さらにその先代のアングリア(100E)におけるエステート(ワゴン)のネーミングとしてすでに使われていたものでもあった。エスコートはこの後六世代にわたってその歴史を紡いでいくのだが、それぞれMk1~6と呼んで区別される。

初代(Mk1)エスコートのボディサイズは、全長3980mm/全幅1570mm/全高1350mm、ホイールベース2400mm。当時の日本車で言えばカローラくらいの大きさである。ボディはモノコック式、レイアウトはFR、サスペンションは前ストラット/後ろリーフリジッド。なお、フロントの足周りは英国のそれと他国のものとで異なる設計となっていたという。

そのスタイリングは、1960年代後半のトレンドであったコークボトルラインを採り入れ、丸みを帯びたものとなっていたのが特徴だが、サイドウィンドウの面積が小さめに採られているところに、若干の古臭さもあった。ボディ形式は2ドアと4ドアのセダン、そしてエステート(ワゴン)とバンがあるが、エステートはリアオーバーハングが長く、そのぶん全長も少し長い。4ドアは登場から約2年後に追加されたものであった。欧州全体でエスコートはなかなかのヒットを記録したが、特にイギリス国内での成功は大きなものであったという。

最終的にはベースモデルの倍以上のパワー、フルチューンでは200ps超え
エスコートのエンジンは1.1/1.3Lの直列4気筒OHV、いわゆるケント・ユニットで、最高出力は前者が40/45ps、後者が48/51psとなる(それぞれ2種の仕様があった)。スポーティさを売りにしたエスコートだけに、このあと高性能モデルが徐々に追加されていくこととなるが、その始まりが1300GTというモデルで、これはエンジンにウェーバーのキャブを装着するなどし出力を64psへ向上、サスペンションも強化したものである。同じエンジンを搭載したエスコート・スポーツ(1300スポーツ)も追って登場、こちらはさらにフロントフェンダーのフレアが拡大されていた。

次いで加わったのがエスコート・ツインカムで、これはロータスの1.6L DOHC(105ps)を搭載するモデルである。このツインカムから発展したのが本題のRS1600で、こちらはコスワース製1.6L DOHC 16バルブ(115ps)を積む。ここまで述べたGT、スポーツ、ツインカム同様ボディは2ドア・セダンだが、無論サスペンションやブレーキは強化され、軽量アロイホイールを装着。外観では2分割フロントバンパーが特徴となるが、これはエスコート・ツインカムも同様だった。RSはRally Sportの頭文字だが、その名の通りラリーで無敵の強さを発揮することとなる。

1973年には、2Lの直4 SOHC(100ps)を搭載したRS2000も加わるが、これは本国アメリカにおけるフォード・ピントのエンジンを載せたものであった。1975年にはモデルチェンジを行い、Mk1は7年に及ぶモデルライフを終えた。

こんな記事も読まれています

50ccスーパーチャージャー搭載、世界最速の“原付”が記録更新
50ccスーパーチャージャー搭載、世界最速の“原付”が記録更新
レスポンス
来季シートをかけた“大一番”か。KCMGからテスト出走の福住仁嶺「僕も良い仕事がしたい」
来季シートをかけた“大一番”か。KCMGからテスト出走の福住仁嶺「僕も良い仕事がしたい」
AUTOSPORT web
笹原右京、テストから投入の”新品シャシー”に大きな手応え「色々ハッキリ反応してくれるようになった印象があります」|スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト
笹原右京、テストから投入の”新品シャシー”に大きな手応え「色々ハッキリ反応してくれるようになった印象があります」|スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト
motorsport.com 日本版
【2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー】明日12月7日、「今年の1台」が決まる!ライブ配信も
【2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー】明日12月7日、「今年の1台」が決まる!ライブ配信も
レスポンス
F1、雨対策のホイールカバーテストは来年5月に再開へ。ロジスティクスやコストの問題で一時延期
F1、雨対策のホイールカバーテストは来年5月に再開へ。ロジスティクスやコストの問題で一時延期
motorsport.com 日本版
6速MT搭載! トヨタが特別な「FRスポーツカー」初公開! 超スポーティな「専用カラー」採用モデルの正体は!? 独モーターショーでお披露目
6速MT搭載! トヨタが特別な「FRスポーツカー」初公開! 超スポーティな「専用カラー」採用モデルの正体は!? 独モーターショーでお披露目
くるまのニュース
【スズキ スイフト 新型】走りもデザインも安全機能も---進化を見る[詳細画像]
【スズキ スイフト 新型】走りもデザインも安全機能も---進化を見る[詳細画像]
レスポンス
三菱 アウトランダー&エクリプスクロスを一部改良。機能装備の充実などを図る
三菱 アウトランダー&エクリプスクロスを一部改良。機能装備の充実などを図る
Webモーターマガジン
ランクル300/70やアルファード&ヴェルファイアも生産!? さらにハイエースやノア&ヴォクシーも! 人気車種を多く手がける「トヨタ車体」とは
ランクル300/70やアルファード&ヴェルファイアも生産!? さらにハイエースやノア&ヴォクシーも! 人気車種を多く手がける「トヨタ車体」とは
VAGUE
彼女のフィアット「バルケッタ」はウエディング仕様!?「500R」と新郎新婦姿をフィアットピクニックで披露した理由とは
彼女のフィアット「バルケッタ」はウエディング仕様!?「500R」と新郎新婦姿をフィアットピクニックで披露した理由とは
Auto Messe Web
年明けは「東京オートサロン2024」! ルノーとアルピーヌ・ジャポン、出展概要を発表
年明けは「東京オートサロン2024」! ルノーとアルピーヌ・ジャポン、出展概要を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
プレミアムSUV・BMW Xシリーズのはじまり【初代 X5 のDNA】
プレミアムSUV・BMW Xシリーズのはじまり【初代 X5 のDNA】
グーネット
極上の初代「セルシオ」B仕様と最新レクサスを乗り比べ!「KINTO」が取り組む新たな試みとは?
極上の初代「セルシオ」B仕様と最新レクサスを乗り比べ!「KINTO」が取り組む新たな試みとは?
くるまのニュース
レクサス『LBX』に欧州だけの発売記念車…オリジナル・エディション[詳細画像]
レクサス『LBX』に欧州だけの発売記念車…オリジナル・エディション[詳細画像]
レスポンス
マクラーレンF1、“自分に厳しすぎる”ノリスをメンタル面でサポートへ。強力チームメイト、ピアストリの存在も走りに影響?
マクラーレンF1、“自分に厳しすぎる”ノリスをメンタル面でサポートへ。強力チームメイト、ピアストリの存在も走りに影響?
motorsport.com 日本版
公道走行不可! 出られるレースもなし! サーキットで楽しむしかない1人乗りフェラーリ「499Pモディフィカータ」は究極の贅沢だった
公道走行不可! 出られるレースもなし! サーキットで楽しむしかない1人乗りフェラーリ「499Pモディフィカータ」は究極の贅沢だった
WEB CARTOP
ホンダが2030年までに大型スーパースポーツを含む電動バイク30機種をリリース! 5000億円の投資とともにコスト50%減やコネクティビティを強化を目指す
ホンダが2030年までに大型スーパースポーツを含む電動バイク30機種をリリース! 5000億円の投資とともにコスト50%減やコネクティビティを強化を目指す
WEBヤングマシン
納車が年単位待ちの超人気車も発売と同時に乗ってる人はいる! いの1番にクルマを手に入れるには「見る前にハンコ」だった
納車が年単位待ちの超人気車も発売と同時に乗ってる人はいる! いの1番にクルマを手に入れるには「見る前にハンコ」だった
WEB CARTOP

みんなのコメント

2件
  • 日本じゃ馴染みない、でも英国では青春の1台みたいだね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2048.03258.0万円

中古車を検索
GTの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2048.03258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村