サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > Jeep「ラングラー」にV8モデルが復活! ハイブリッドが当たり前の時代になぜ?

ここから本文です

■大人気のラングラーに、V8モデルが復活!

 日本市場で現在、もっとも人気のある輸入SUVといっても過言ではないJeep「ラングラー」の、ハイスペックなコンセプトカーが発表された。見た目は「ラングラー・ルビコン」をタフ仕様に変更しただけのように見えるが、実は搭載されるエンジンに注目である。

「ディフェンダー」と「Gクラス」を足して割ったSUV、「グレナディア」とは?

 2020年7月13日にJeepが発表したコンセプトカー「ラングラー・ルビコン392コンセプト」のフロントに収まるエンジンは、6.4リッターのV型8気筒エンジンだ。最高出力は450ps、最大トルクは610Nmを発揮する。

おすすめのニュース

サイトトップへ