サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転バスのドアをスマホでオープンする技術を検証 SBドライブ

ここから本文です

自動運転バスのドアをスマホでオープンする技術を検証 SBドライブ

ソフトバンクの子会社で自動運転サービスを開発しているSBドライブ(佐治友基CEO)は12月9日、自動運転バスの実用化を見据えて、乗車予約した乗客がスマートフォン(スマホ)でバスのドアを開ける技術を検証すると発表した。12月10~23日まで、浜松市で実施される自動運転バスの予約システムなどを検証する実証実験に参加する。

SBドライブの自動運転車両運行プラットフォーム「ディスパッチャー」と、順風路が提供する乗客用ウェブサービスを連携させることで、自動運転バスの予約者がスマホ経由で車両のドアを開けて乗車できる仕組みについて検証する。

オペル、PSA傘下で日本再上陸へ

実証実験はスズキ、遠州鉄道、浜松市とSBドライブが実施する。舘山寺営業所と桜台ショッピングセンター間を結ぶ片道約13kmに19の停留所を設けて、遠州鉄道が先進運転支援システムを搭載したスズキの小型車「ソリオ」で運行する。

利用者が順風路が提供する乗客用ウェブサービスで予約すると、ディスパッチャー経由でドライバーに運行が指示される。予約者が待つ停留所にバスが到着すると、予約者のスマホに「ドアを開ける」ボタンが表示され、タップするとディスパッチャーを通じて車両のドアが開く。

SBドライブは、遠隔地からのドライバーへの運行指示や予約者が車両のドアを開ける機能など、自動運転技術以外の自動運転バスの運行に必要となる機能についても検証して、自動運転バス運行サービスの早期実用化を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します