サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT第6戦鈴鹿|GT300決勝レポート:ピットタイミングも奏功し21号車Hitotsuyama Audi R8 LMSが今季初優勝

ここから本文です
 朝夕は肌寒ささえ感じられるようになったが、秋の穏やかな日差しに恵まれた鈴鹿サーキットで、絶好のレース日和となった10月25日(日)の午後1時から、『2020AUTOBACS SUPER GT第6戦FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE』の決勝が行なわれた。

 ここ数年は5月末のタイミングで行なわれてきた鈴鹿のスーパーGTだが、今年は新型コロナ禍の影響もあって、8月に第3戦が行なわれ、このタイミングで第6戦が行なわれるスケジュールとなっている。路面温度などコースコンディションに関するデータが不足する中、レースは思わぬ展開を生むことになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ