現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アプローチに感銘、アルファード&ヴェルファイア…藤島知子【日本カーオブザイヤー2023-2024】

ここから本文です

アプローチに感銘、アルファード&ヴェルファイア…藤島知子【日本カーオブザイヤー2023-2024】

掲載 更新
アプローチに感銘、アルファード&ヴェルファイア…藤島知子【日本カーオブザイヤー2023-2024】

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」は12月7日に、トヨタ『プリウス』に決定した。選考委員の藤島知子氏は、満点の10点をトヨタ『アルファード/ヴェルファイア』に投票した。以下、三菱『デリカミニ』に4点を、アバルト『500e』に2点を配した。デリカミニはデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式ウェブサイトに掲載された藤島氏のコメントだ。

トラック・バス用スタッドレスも進化している! 藤島知子が初試走で体感、トーヨータイヤ『M939』の実力とは

☆☆☆

ショーファーカーとしての要素を高めた今回の『アルファード/ヴェルファイア』。単なる正常進化に留まらず、車体構造を見直すことでエモーショナルなスタイリングを完成。ミニバンとしては譲れない快適で寛げる移動空間とクルマを操る喜びを見事に両立してみせた。スライドドアの丁寧な開閉は日本的な戸の開けたてを思わせ、後席は逆サイドの窓を開閉できるスイッチを設けたりするなど、使い手の心情に寄り添うクルマ作りのアプローチに感銘を受けた。

☆☆☆

藤島氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
●トヨタ・アルファード/ヴェルファイア:10点
●三菱デリカミニ:4点
●アバルト500e:2点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:トヨタ・プリウス
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー(輸入車):BMW X1
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱デリカミニ
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産セレナ
●実行委員会特別賞:日本自動工業会

今年度のエントリーは、2022年11月1日から2023年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全34モデル。60名の選考委員がまず上位10モデルの「10ベストカー」を選定(11月3日発表)、そしてそれらを対象に投票した。委員は10ベストのうち3車種に10点、4点、2点を配点し、合計得票点数の最も多い車がカー・オブ・ザ・イヤーになる。

なお前年度までの投票配点は、25点の持ち点を5車種に配点し、最も高く評価する車種に10点を与え、10点を与える車種は1車種、というものだった。2位以下4車種に1~9点の配点だったものが、2位4点、3位2点のみとなっている。

部門賞としては、秀でた内外装デザインを持つクルマにデザイン・カー・オブ・ザ・イヤー、 革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマにテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーが設定されている。10ベストカーを対象に選考委員が部門毎に1点の持ち点を配点する。

こんな記事も読まれています

頂点のSL、メルセデスAMG『SL63 4MATIC+』のオプション装備車…東京オートサロン2024
頂点のSL、メルセデスAMG『SL63 4MATIC+』のオプション装備車…東京オートサロン2024
レスポンス
デコトラ映画といえば「トラック野郎」……だけど名作はまだまだあった! デコトラ好きの血を熱くたぎらせる映画5選
デコトラ映画といえば「トラック野郎」……だけど名作はまだまだあった! デコトラ好きの血を熱くたぎらせる映画5選
WEB CARTOP
遂に愛車を決定!? 全方向でちょうどいいヤマハ「MT-125」に試乗 クリステル・チアリのSUNNY RIDE
遂に愛車を決定!? 全方向でちょうどいいヤマハ「MT-125」に試乗 クリステル・チアリのSUNNY RIDE
バイクのニュース
プラ製スコップでパンチ/怨悔のインタビュー/6年ぶりの優勝【約3分で振り返るWRCスウェーデン】
プラ製スコップでパンチ/怨悔のインタビュー/6年ぶりの優勝【約3分で振り返るWRCスウェーデン】
AUTOSPORT web
【2024年F1新車情報:メルセデス】フラップやフロアにユニークなアイデアを盛り込み、新コンセプトで設計されたW15
【2024年F1新車情報:メルセデス】フラップやフロアにユニークなアイデアを盛り込み、新コンセプトで設計されたW15
AUTOSPORT web
ジウジアーロの血が入った新たなメーカーがイタリアに誕生! 5台全部スペックがバグって見える「ラフィット・アウトモビリ」とは
ジウジアーロの血が入った新たなメーカーがイタリアに誕生! 5台全部スペックがバグって見える「ラフィット・アウトモビリ」とは
WEB CARTOP
日野、大型観光バス・セレガを一部改良 法規対応や先進安全装備を追加 3/1発売
日野、大型観光バス・セレガを一部改良 法規対応や先進安全装備を追加 3/1発売
日刊自動車新聞
未発売のトヨタ新型「ワゴンSUV」実車公開! 4つの「クラウン」登場へ! 乗り比べできるイベント開催!
未発売のトヨタ新型「ワゴンSUV」実車公開! 4つの「クラウン」登場へ! 乗り比べできるイベント開催!
くるまのニュース
[15秒でわかる]三菱『トライトン』新型…国内販売開始
[15秒でわかる]三菱『トライトン』新型…国内販売開始
レスポンス
【試乗】素直にカッコイイ! 走りは上質! 燃費もスゴイ! クラウン・スポーツPHEVに死角らしい死角が見当たらない
【試乗】素直にカッコイイ! 走りは上質! 燃費もスゴイ! クラウン・スポーツPHEVに死角らしい死角が見当たらない
WEB CARTOP
新型アストンマーティンにスイッチのコムトゥユー、GTWCヨーロッパでAMRドライバー3名を起用
新型アストンマーティンにスイッチのコムトゥユー、GTWCヨーロッパでAMRドライバー3名を起用
AUTOSPORT web
フェラーリがフロア損傷を乗り越えトップタイム。ルクレール&サインツが警戒するレッドブルの速さ
フェラーリがフロア損傷を乗り越えトップタイム。ルクレール&サインツが警戒するレッドブルの速さ
AUTOSPORT web
そのオトシマエは20年後に!判断ミスを連発する1965年のamt、そして続々登場する名車【アメリカンカープラモ・クロニクル】第21回
そのオトシマエは20年後に!判断ミスを連発する1965年のamt、そして続々登場する名車【アメリカンカープラモ・クロニクル】第21回
LE VOLANT CARSMEET WEB
豊田自動織機 国土交通省は型式指定取り消し処分を決定
豊田自動織機 国土交通省は型式指定取り消し処分を決定
Auto Prove
レッドブルF1のペレスがテスト初登場「RB20に進歩を感じた」と語るも、ライバルが懸念する圧倒的優勢は否定
レッドブルF1のペレスがテスト初登場「RB20に進歩を感じた」と語るも、ライバルが懸念する圧倒的優勢は否定
AUTOSPORT web
排水溝カバーちゃんとしてよ! フェルスタッペン、今後のレースに向け「確認はマスト」
排水溝カバーちゃんとしてよ! フェルスタッペン、今後のレースに向け「確認はマスト」
motorsport.com 日本版
日産、小型トラック・アトラスの4WD車の仕様を一部変更 寒冷地仕様を標準設定
日産、小型トラック・アトラスの4WD車の仕様を一部変更 寒冷地仕様を標準設定
日刊自動車新聞
コンパクトカーとは思えない!? 進化したスズキ新型「スイフト」登場!「走り+α」の魅力とは?
コンパクトカーとは思えない!? 進化したスズキ新型「スイフト」登場!「走り+α」の魅力とは?
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.4223.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

166.6348.0万円

中古車を検索
デリカミニの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

180.4223.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

166.6348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村