サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1】王者になった唯一のV12……アイルトン・セナ&マクラーレン・ホンダMP4/6の物語(前編)

ここから本文です

 多くのF1ファンは、V12エンジンに今も幻想を抱いている。しかし実は、V12エンジンを駆るドライバーがチャンピオンを獲得したのは、過去ひとりだけ。1991年にマクラーレンMP4/6・ホンダを走らせたアイルトン・セナだけだ。

 F1世界選手権の歴史を紐解いていくと、各年代を支配したチームが存在する。今はメルセデスの時代、その前はレッドブルが連続でタイトルを獲得した。

■F1キャリア50戦で入賞ゼロ……ルカ・バドエルは“無能ドライバー”だったのか?

 1984年から1991年にかけては、マクラーレンが圧倒的な強さを見せた時代だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ