サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】大津弘樹vs山本尚貴、両者の明暗を分けた11周目のタイヤ交換判断

ここから本文です
 ツインリンクもてぎで行なわれたスーパーフォーミュラ第6戦を制したのは、Red Bull MUGEN Team Gohの大津弘樹であった。彼にとっては初優勝をポールトゥウィンで飾ることとなったが、決して楽なレース展開ではなかった。

 全車ウエットタイヤでスタートした決勝レースは、路面が徐々に乾いていくという展開。大津は首位をキープしていたものの、2番手を走る山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)がジワジワと迫り、背後からプレッシャーをかけていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ