サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【尊い…】ランボルギーニ・ウラカンSTO サーキットで自在、レーサー直系の醍醐味とは

ここから本文です

スーパートロフェオを、公道に

執筆:Shinichi Katsura(桂伸一)

【画像】ウラカンSTO 富士を攻める【4000万円超えのスーパーカー】 全36枚

編集:Tetsu Tokunaga(徳永徹)

ミドに搭載される自然吸気5.2L V10ユニットは640ps/57.6kg-mを誇る。

このパフォーマンスを本来の四輪駆動から、後輪のみに伝達し、軽量化と空力を突き詰めたスーパースポーツ、ランボルギーニ・ウラカンSTO(スーパートロフェオ・オモロガータ)に試乗した。

ある意味、パワフルな2WDのスリリングな動きも期待しつつ向かった先は、日本を代表するハイスピードコース、富士スピードウェイ。

おすすめのニュース

サイトトップへ