サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日立市MaaS、AIデマンドサービスの運行開始 不定期自由経路型で地方公共交通を補完

ここから本文です

ひたち圏域新モビリティー協議会は、6月11日から、茨城県日立市の大沼エリア/宮田・助川・成沢エリアでAIデマンドサービスの運行を開始する。

今回の取組には、同協議会構成員のうち、日立市および茨城交通、電鉄タクシー、ナビタイムジャパン、ヴィア モビリティ ジャパン、みちのりホールディングスが実施する。

AIデマンドサービスは、複数の利用者からのリクエスト(乗車地点・目的地・乗車時刻)を受け取り、希望地点近傍の乗降場所を通るように経路を変更し、運行。従来の固定ダイヤ・固定ルートに比べて、大幅に利便性が向上する。

おすすめのニュース

サイトトップへ