サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > まるでオーバル? 2020年にF1オランダGP開催のザントフールト、最終コーナーのバンク角はインディアナポリスの2倍に?

ここから本文です

 2020年のF1カレンダーに名を連ねているザントフールトでのオランダGP。35年ぶりのF1開催ということもあり、サーキットを現代の安全基準に引き上げるために改修作業が行われている。

 そのひとつが、最終コーナーにバンクをつけることである。現在までに明らかになったところによると、バンク角は18度となるようだ。

■ザントフールト、オランダGP開催への”宿題”は山積みも「5月までに準備できる」

 なお、インディ500の舞台として名高く、2000年から2007年までF1アメリカGPを開催したインディアナポリス・モーター・スピードウェイの最大バンク角は9度。ザントフールトの最終コーナーはその2倍ということになる。