サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高速道路の冬用タイヤ装着率は前年同期よりスロースタート、約6割が未装着

ここから本文です

NEXCO東日本新潟支社は11月17日、冬用タイヤの早期交換を喚起し、冬道の安全運転を啓発するために新潟県内などの高速道路4カ所のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)で冬用タイヤ装着率調査を実施した。

PA・SA1か所当たり50台程度調査したところ、全体の冬用タイヤ装着率は43%だった。車種別では大型車が69%、小型車が31%で、約6割のユーザーが冬用タイヤを未装着と装着率が低いことがわかった。

前年同時期の調査では装着率が45%で、今冬は2ポイントダウンした。特に前年同期の大型車の装着率は90%だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン