サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【インタビュー】野尻智紀、15年越し“全日本王者”までの歩み:後編 ようやく迎えた成熟の時。王座獲得の地もてぎで流した“悔し涙”の理由

ここから本文です
 2006年に全日本カート選手権で王者に輝いた後、ジュニアフォーミュラではなかなかタイトルに手が届かず、悩み苦しみながらも、着実にステップアップを果たしてきた野尻智紀。2014年には国内最高峰カテゴリーであるスーパーフォーミュラにたどり着いた。

 ジュニアフォーミュラ時代に抱えていた「カートのような速さが発揮できない」というコンプレックスは、徐々に解消されつつあった。関係者からのアドバイスも自分なりに落とし込めるようになり、全日本F3最終年には「フォーミュラでも速く走れるかも」という期待を感じられるようになっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ