サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高速道路のメンテナンスは人材育成から NEXCO東日本が総合技術センターを新設

ここから本文です

高速道路のメンテナンスは人材育成から NEXCO東日本が総合技術センターを新設

■現場環境を再現した体験・体感型研修設備も

 NEXCO東日本は、管轄する高速道路の本格的なメンテナンス時代到来に対応すべく、技術者の育成や最先端技術を活用した研究・技術開発を目的とした総合技術センターを整備すると発表しました。

まだ完成していない首都高? あの出口の先はどこへ行く?

 新設される「NEXCO東日本 総合技術センター」は、様々な技術課題に対応できる「技術者の育成」や、災害・緊急事象発生時の「エキスパート支援」、AIやICTなどの先端技術を活用した「研究・技術開発」、そして安全を最優先とした高速道路事業推進のための「安全教育・啓発」という4つの取り組みの拠点として、東北自動車道「岩槻インターチェンジ」敷地内に整備されます。その背景について、NEXCO東日本は以下のように言います。

「NEXCO東日本管内の高速道路供用延長は約4000kmまで推移する一方、高速道路の建設延長は減少しており、本格的なメンテナンス時代の到来に対応した技術者の育成や研究・技術開発の推進が必要です。

 技術者の育成には、現場での実践や技術的な知識の理解・習得が必要である一方、建設延長の減少により、建設現場での経験の減少は避けられません。現場経験を補完し、構造物の劣化メカニズムや技術基準の変遷などの理解を深めるためには、体験型・体感型の研修が重要であることから、技術センターを整備しました」

 研修施設には、減少する建設現場での経験を補完し、構造物の劣化メカニズムや技術基準の変遷などの理解を深めるため、体験・体感型の設備を用意し、あわせてETC設備など料金管理業務の現場環境を再現した施設も整備しています。

 また研究・技術開発設備としては、NEXCO東日本の重要課題である雪氷技術の研究をはじめ、NEXCO東日本グループで開発している構造物点検技術や非破壊検査技術の性能検証を行うための設備も導入されます。

 本格的なメンテナンス時代の到来に向けた体験型・体感型施設「NEXCO東日本 総合技術センター」は、2020年3月2日にオープン予定です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します