サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール「表彰台を逃したけれど、戦略に後悔はない」フェラーリ/F1第16戦決勝

ここから本文です

 2021年F1トルコGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4位、カルロス・サインツは8位だった。

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=4位
 全体的に見てポジティブなレースだったと思う。競争力が高く、特にファーストスティントではマシンの感触がとてもよかった。

タイヤ無交換を断念したメルセデス「リスクを冒してでも表彰台を狙いたかった」とハミルトンは主張/F1第16戦決勝

 最初のインターミディエイトタイヤで長いスティントを走った。他の人たちが新品に交換するためにピットインした後、ユーズドの僕たちの方が少し速いことが分かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン