現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次世代の「Gクラス」コンセプトモデルがついに日本初上陸。メルセデス・ベンツがジャパンモビリティショーの出展概要を発表

ここから本文です

次世代の「Gクラス」コンセプトモデルがついに日本初上陸。メルセデス・ベンツがジャパンモビリティショーの出展概要を発表

掲載
次世代の「Gクラス」コンセプトモデルがついに日本初上陸。メルセデス・ベンツがジャパンモビリティショーの出展概要を発表

2023年10月6日、メルセデス・ベンツ日本が2023年10月26日~11月5日(一般公開は28日から)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第1回「ジャパンモビリティショー2023(JAPAN MOBILITY SHOW =以下JMS)」の出展概要を発表した。

伝統の「Gクラス」を電動化した「コンセプトEQG」が日本初公開
メルセデス・ベンツ ブースの注目モデルは「コンセプトEQG」。伝統の「Gクラス」を電動化したコンセプトカーで、2021年9月にドイツ・ミュンヘンで開催された「IAAモビリティ2021」で世界初公開された。この本格的なEVの4輪駆動車は、今回が日本初公開となる

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

「コンセプトEQG」のプラットフォームはGクラス同様に堅牢なラダーフレームで、4輪に個別で出力を制御可能なモーターを搭載。リジットアクスルサスペンンションや副変速機を採用するなど、本格オフローダーとして妥協なく仕上げられており、日本でも人気の高いGクラスの新しい姿は要注目となる。

また、ミディアムセダン「Cクラス」をベースに、F1マシンの技術を採用したプラグインハイブリッド「メルセデスAMG C63 S E パフォーマンス」も日本初公開となる。

このほか、「メルセデスAMG S63 E パフォーマンス」、フラッグシップEVセダン「EQS」の特別仕様車「EQS 450+ エディション1」、ミディアムサイズEV「EQE SUV」の特別仕様車「EQE 350 4マティック SUV ローンチエディション」も展示される。

「Mercedes me Tokyo」「Mercedes me Osaka」 でも同時開催
今回、メルセデス・ベンツは新しい試みとして「東京ビッグサイト」とメルセデスのブランド発信拠点「Mercedes me Tokyo(六本木)」「Mercedes me Osaka」 のそれぞれで「電動化」「デジタル化」「サスティナビリティ」をテーマに車両展示やコンテンツを展開。「東京ビッグサイト」と「Mercedes me Tokyo(六本木)」の2つの会場を繋ぐシャトルサービスも用意する。

そのシャトルバスには特別ラッピングが施されたEQS SUVとVクラスを使用。EQS SUVでは移動中にドルビーアトモスを搭載したBurmester3Dサウンドを体感できるというから、これも楽しみ。期間中、1時間1本ペースで運行予定というが、詳細はメルセデス・ベンツ日本のウェブサイトで紹介する予定となっている。

ブースのテーマは「Electrification, Digitalization, Sustainability」
東京ビッグサイトのブースコンセプトは「魅せる」がテーマで、ブース内では1時間に1回、光と音でメルセデスブランドの世界観を演出するほか、ノベルティグッズがもらえるスマホを使ったスタンプラリー、デジタルツールで最新車両の気になる情報で案内するイベントも企画している。

一方、「Mercedes me Tokyo(六本木)」「Mercedes me Osaka」ではショーを同時開催するイメージで、「メルセデスAMG S63 E パフォーマンス」「メルセデスAMG EQS 53 4マティック+ 」など、「メルセデスAMGの電動化」をテーマにショー会場のブースとリンクした展示を行う。

[ アルバム : メルセデス・ベンツ@JMS はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは
約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは
くるまのニュース
510馬力の最強ミドルSUV! アルファ ロメオ「ステルヴィオ」の高性能モデル、クアドリフォリオが性能向上 LSDを初搭載
510馬力の最強ミドルSUV! アルファ ロメオ「ステルヴィオ」の高性能モデル、クアドリフォリオが性能向上 LSDを初搭載
VAGUE
日米頂上決戦「RS★Rドリフトフェスティバル」開催! 谷口信輝は3位、勝者はF・オズボーとなるも団体戦は日本チームが勝者に
日米頂上決戦「RS★Rドリフトフェスティバル」開催! 谷口信輝は3位、勝者はF・オズボーとなるも団体戦は日本チームが勝者に
Auto Messe Web
電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
@DIME
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
EV走行は速さも距離も100kmオーバーを実現。メルセデス・ベンツ GLCにプラグインハイブリッド車を新設定
Webモーターマガジン
トライアンフがモトクロッサー『TF 250-X』を発表
トライアンフがモトクロッサー『TF 250-X』を発表
レスポンス
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
WEC王者トヨタに勝つのは簡単じゃない! キャデラックのバンバー「F1で1年目からレッドブルに勝ちたいと思うようなモノ」
motorsport.com 日本版
レッドブルF1のマルコ「フェルスタッペンはまだピークに達していない」タイトルを支えたホンダへの感謝も
レッドブルF1のマルコ「フェルスタッペンはまだピークに達していない」タイトルを支えたホンダへの感謝も
AUTOSPORT web
上野のパンダでもキャバレーのダンスでもない! トラックドライバーが使う用語「カンカン」って何?
上野のパンダでもキャバレーのダンスでもない! トラックドライバーが使う用語「カンカン」って何?
WEB CARTOP
安全装備・先進機能がさらに充実! トヨタ、燃料電池自動車「MIRAI」を一部改良
安全装備・先進機能がさらに充実! トヨタ、燃料電池自動車「MIRAI」を一部改良
LE VOLANT CARSMEET WEB
ポルシェもフェラーリもほぼ見かけないってちょっとガッカリ! 速度無制限の「アウトバーン」をかっ飛ばすクルマは意外に地味だった
ポルシェもフェラーリもほぼ見かけないってちょっとガッカリ! 速度無制限の「アウトバーン」をかっ飛ばすクルマは意外に地味だった
WEB CARTOP
トヨタ新型「ランクル70“3ドアモデル”」公開!? 全長4.3m以下になってなんか“カワイイ”! めちゃ短くなったUAE仕様685万円から
トヨタ新型「ランクル70“3ドアモデル”」公開!? 全長4.3m以下になってなんか“カワイイ”! めちゃ短くなったUAE仕様685万円から
くるまのニュース
日本ミシュラン、2024年2月に市販用タイヤの出荷価格を最大10%値上げ 原材料や人件費高騰で
日本ミシュラン、2024年2月に市販用タイヤの出荷価格を最大10%値上げ 原材料や人件費高騰で
日刊自動車新聞
【試乗】氷上でも雪上でも進化が止まらない! ヨコハマのスタッドレス「アイスガード7」の底力を北の大地で体感
【試乗】氷上でも雪上でも進化が止まらない! ヨコハマのスタッドレス「アイスガード7」の底力を北の大地で体感
WEB CARTOP
世界が注目!「このミス」大賞小説×三池崇史×亀梨和也の“超刺激”サスペンス『怪物の木こり』
世界が注目!「このミス」大賞小説×三池崇史×亀梨和也の“超刺激”サスペンス『怪物の木こり』
バイクのニュース
驚異の新人ピアストリ、F1ルーキーイヤーは“波乱万丈”と回想。目線の先にはタイトル争い「数回の良い週末では王者になれない」
驚異の新人ピアストリ、F1ルーキーイヤーは“波乱万丈”と回想。目線の先にはタイトル争い「数回の良い週末では王者になれない」
motorsport.com 日本版
【スクープ】ランドローバーに6年ぶりとなる「SVR」が復活か!? これが「ディフェンダーSVR/SVX」の最終デザインだ!
【スクープ】ランドローバーに6年ぶりとなる「SVR」が復活か!? これが「ディフェンダーSVR/SVX」の最終デザインだ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
高級だけどスパルタンなスポーツカー!ドイツレベル製プラモ「メルセデスAMG GT」を作る・後編【モデルカーズ】
高級だけどスパルタンなスポーツカー!ドイツレベル製プラモ「メルセデスAMG GT」を作る・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

350.0370.0万円

中古車を検索
テーマの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

350.0370.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村