サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベントレーが“魔改造”コンチネンタルGT3を開発、2021年もパイクスピーク参戦へ

ここから本文です
 2018年は市販車SUV部門で、2019年は市販車クラスでも大会レコードを樹立したベントレーは、2021年も6月27日にアメリカ・コロラド州で開催される“雲の上のレース”ことPPHICパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦すると発表。今回はベントレーが取り組む「持続可能性イニシアチブ」の一環として、再生可能エネルギーで精製されたバイオ燃料を使用し、GT3規定車両をベースに“改良”を施した『コンチネンタルGT3パイクスピーク』を開発。

おすすめのニュース

サイトトップへ