サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1のトラックリミット対応をアレジが批判「“聖域コーナー”では問答無用にペナルティを科せばいい」

ここから本文です
 2021年F1開幕戦バーレーンGPで物議を醸したターン4でのはみ出し問題について、元F1ドライバーのジャン・アレジが「FIAの対応は生ぬる過ぎる」と喝を入れた。

 開幕戦決勝レースでは、終盤にマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを激しく追い上げた末に、ターン4でパス。しかしその際に4輪がコース外にはみ出していたため、チームからの指示で首位を譲った。このバトルでフェルスタッペンはタイヤを使い果たしていたこともあって、ハミルトンがそのまま逃げ切り初戦勝利を遂げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン