サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 輸送中のトヨタ新型ハイエースを東名高速で目撃。いったいなぜ国内に?

ここから本文です
新型トヨタ・ハイエースを目撃した! 黒バンパーでいかにも仕事用といった趣のこのクルマ。トランスポーターで東名高速・愛知・名古屋市内にて、東京方面に向け輸送されていた。

新型ハイエースは、2019年2月にフィリピンで世界初披露され、新興国向けに展開されている。日本で展開されないのは、ボディサイズが理由。新型ハイエースは衝突安全性確保のためノーズ付きとなり、ショートボディ仕様で全長5265mm、ロングボディ仕様では全長5915mmと、現行モデルに比べ500mm以上も拡大しているのだ。ちなみに今回発見したのは、ロングの方で、見るからに大きかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ