サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブライトロジックGSX-R1000 (スズキGSX-R1000)/よく走る現代車両をより身近にするファーストステップ改#Heritage & Legends

ここから本文です

ブライトロジックGSX-R1000 (スズキGSX-R1000)/よく走る現代車両をより身近にするファーストステップ改#Heritage & Legends

カスタムの効果も分かりこれからの方向も見える
ストリート用ならエンジンにも手を入れる余地も環境もない。毎回の改良で完成度を高め、車体系にも同様のことが言える気もする現代バイク。こちらのスズキGSX-R1000を筆頭とするスーパースポーツでは、なおのことそう感じそうだ。

「いや、じつはそうでもないんですよ。市販車そのものの完成度は確かに上がっているんですけど、手を入れる余地はあります。このバイクはライトカスタムですけど、その余地を詰めています」

カワサキが「Z H2」「Ninja ZX-25R」「W800」3台のワールドプレミアモデルを発表!

こう言うのは、ブライトロジック代表の竹中さんだ。同店はGS1000/750にカタナなどの旧車や油冷各車と同じく、新型スーパースポーツも多く手がける。そんな中からの言葉だ。

「ベースはGSX‐R1000のK6(’06年型)なんですが、きゅっとコンパクトで足着きもいい。それから元々軽いし、エンジンも割と下から付いてきて特性もいい。それでも、もっと良くなる。

例えば操作系。この車両ではフロントマスターをブレンボラジアルにしてレバーも換えてますし、クラッチ側も油圧化しました。これで左右とも操作が軽くなるし、タッチもいい。だから元々の良さがもっとはっきり出てくる。軽いのは正義ですから(笑)、そこは伸ばす。マフラーもスリップオンですがここでも軽くなるし、端の方だからマスも集中して扱いやすくなります。

ミラーなんかもカウル前面のSTDをその裏のカウルステーから出すようにして、ブレを抑えたり。ドレスアップ系のパーツも付いていますけど、そこは好みでしょうから、悪くならなければいいと思います。このくらいの仕様から、カスタムするとこう変わる、じゃあこの後どうしていこうかとか考えるにはいいかと考えればいいと思いますよ」(竹中さん)

明確な目標がない場合でも、換えたこと、手を入れたことでバイクがより身近になるなら十分。さらにその先どうなるかも知りたくなる。どうしたらいいか分からなければ、その手法やパーツをよく知った人(ここでは竹中さん)に聞けばいいわけだ。

「どこから手を付けるかも予算やオーナーさんの希望で分かりますから、それを言ってもらえば提案もしやすくなります。そこは旧車でも現代バイクでも同じです」

Detailed Description 詳細説明
取材協力:ブライトロジック
記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』はこちら!
 
Amazonでもお買い求めいただけます。