現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「え!ここでは止まっていいんだよ!?」「え!高速道路なのに!?」トラブルだらけの自動車教習所・珍エピソード

ここから本文です

「え!ここでは止まっていいんだよ!?」「え!高速道路なのに!?」トラブルだらけの自動車教習所・珍エピソード

掲載
「え!ここでは止まっていいんだよ!?」「え!高速道路なのに!?」トラブルだらけの自動車教習所・珍エピソード

多くの人が「人生ではじめて車を動かす瞬間」を迎える自動車教習所。右も左もわからない教習生たちは、ときに「予想外のトラブル」を引き起こすこともあるでしょう。

今回は、MOBYユーザーが応募フォームから投稿してくれた「教習所でのトラブル」についてのエピソードを紹介していきます。

教習生が自信ありげに「ATでも半クラできます」その結果に爆笑!教習所のエピソード

■免許試験場での実技試験で「いざ発進!」するも…

特殊な場合を除き、教習生はそれまで運転の経験がないため、まずは「どうすれば車が動くか」を学ぶ必要があります。もちろん教習が進み、試験の段階になれば、こうした操作に不安を覚える教習生は減っていくと思われますが……。

「今から50年ほど前、免許試験場で、私の前に実技試験を受けていた人の話です。試験官に挨拶したあと、左右確認やバックミラーの調整を済ませ、いざ発進しようとシフトレバーを手前に引き、上の方に……当時は試験車両がコラムシフトでしたので、これでは車はバックしてしまいます。

『あっ』と思った瞬間、受験生はアクセルを踏み込んでしまい、いきなり車は後ろに進んで……そのまま彼は一発不合格になりました。当時は教習所など行かず、いきなり実技試験を受ける人も多かったので、ほかにもS字コースをまっすぐ突っ切る人などもいて大変でしたね」(60代男性・アルバイト)

今では教習所に通って免許を取得する形が一般的ですが、運転免許試験場に飛び込みで受験する形のいわゆる「一発試験」が多く利用されていた時代も。そのため、交通ルールはもちろん、基本的な運転操作が身についていない人がチャレンジしに来るケースも多かったようですね。

さらに、当時はMT車にも採用例のあったコラムシフトは、リバースギアの位置などシフトパターンが車種によって異なるケースもあり、「初見殺し」な面もあったのでしょう。

■「ETC非搭載」なのに料金所をノンストップ通過!?

運転に慣れない教習生にとって、指導教官の言葉は絶対の重みをもつものです。しかし、その言葉をあまりにまっすぐ捉えすぎた結果、なんとも恥ずかしい思いをしてしまったという方も。

「教習所で高速教習を受けたときのことです。私の運転で、同乗していたのは指導教官と、高齢ドライバーの方でした。はじめての高速で、ガチガチに緊張していたことを覚えています。

教官から『高速道路では止まってはいけない』と言われていたので、とにかくそれを意識していました。まず、高速入口の料金所でチケットを受け取るとき、車が止まらないようスピードを遅くしながら、ゆっくりゆっくり手を伸ばしてチケットを取ろうとしたんです。

当然それを見た教官は『え!ここでは止まっていいんだよ!?』とツッコんできて、後ろの方も大笑いしていました。今思い出しても、本当に恥ずかしかったです。もちろん、それからはきちんと止まってチケットを取るようにしています(笑)」(30代女性・営業職)

高速走行に対する緊張のなか、安全運転のため「絶対に言われたことを守ろう」と考えるのは自然な気持ちです。しかしまさか教官も、教習生がノンストップでチケットを受け取る荒技にチャレンジするとは思っていなかったことでしょう。

■原付講習会での珍事件!高校生くらいの男の子が…

原付免許を取得する際に受講が義務づけられている原付講習。交通ルールを学びはじめて間もない高校生などが多く受講していることもあってか、思いもしないトラブルが頻発しているようです。

「大学生の頃、私自身は車の免許があり、日頃から家の車に乗っていました。あるとき同級生が原付免許を取りたいと言うので、車で原付講習会に連れて行き、そこで見学していたんです。

すると、高校生くらいの男の子がおもむろに原付にまたがった瞬間、いきなりアクセル全開にしてしまい……原付がウィリー状態になっているのに手を離さないため、原付と一緒にしばらく走りつづけ、最終的にすっころんでしまいました」(60代男性・会社員)

講習中のそこはかとない緊張感のなか、突如としてウィリー状態で爆走する原付と、引っ張られていく高校生……一体その場はどんな雰囲気だったのでしょうか。転んだときに怪我がなければいいのですが……。

ちなみに以前に寄せられた教習所エピソードでも、原付と一緒に走り出してしまった方のお話がありました。原付の講習ですっ飛んでいってしまう教習生は、もしかすると「あるある」なのかもしれません。

運転操作に慣れない人たちが集まる教習所では、上に紹介したケースのほかにも実にさまざまなトラブルが日々発生しているものと思われます。皆様もぜひ、思い出に残っている教習所でのエピソードがありましたら、教えて下さいね!

関連タグ

こんな記事も読まれています

「ハンドル横の長 いシフトレバー」なぜ衰退? シフトチェンジしにくいのに…そもそもなぜ採用してた?
「ハンドル横の長 いシフトレバー」なぜ衰退? シフトチェンジしにくいのに…そもそもなぜ採用してた?
乗りものニュース
【MotoGP】マルケス「ホンダよりも肉体的に楽」ドゥカティマシン初ライドの所感が明らかに
【MotoGP】マルケス「ホンダよりも肉体的に楽」ドゥカティマシン初ライドの所感が明らかに
motorsport.com 日本版
500馬力超え!? 日産の新型「爆速・大型SUV」発表!? ド迫力顔のワイドボディ仕様! 爆速すぎる「ブラックホーク」南アで1750万円から
500馬力超え!? 日産の新型「爆速・大型SUV」発表!? ド迫力顔のワイドボディ仕様! 爆速すぎる「ブラックホーク」南アで1750万円から
くるまのニュース
過去と未来の融合。往年のスカイラインとサステナブル車両がニスモフェスティバル2023でデモ走行
過去と未来の融合。往年のスカイラインとサステナブル車両がニスモフェスティバル2023でデモ走行
AUTOSPORT web
オワード、インディカーの”進化”を待ち望む。ハイブリッド化に好印象も「興奮させられるようなニューマシンが必要」
オワード、インディカーの”進化”を待ち望む。ハイブリッド化に好印象も「興奮させられるようなニューマシンが必要」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]イコライザー…コピーすることから始めると上達が早い!?
[サウンド制御術・実践講座]イコライザー…コピーすることから始めると上達が早い!?
レスポンス
三菱「新型軽バン」で「車中泊」できる!? めちゃ便利! アウトドアで「電気」も使える「ミニキャブ」の可能性に期待大!
三菱「新型軽バン」で「車中泊」できる!? めちゃ便利! アウトドアで「電気」も使える「ミニキャブ」の可能性に期待大!
くるまのニュース
“お手頃中古車”のポルシェ初代「ボクスター」は遊び心を刺激する!? ベルギーで「本気のサーキットマシン」に大改造したワケあり車両を発見
“お手頃中古車”のポルシェ初代「ボクスター」は遊び心を刺激する!? ベルギーで「本気のサーキットマシン」に大改造したワケあり車両を発見
VAGUE
50億円は無理! でも4万円のフェラーリ「250GTO」なら購入できます! 京商1/18モデルが15年ぶりに復活しました
50億円は無理! でも4万円のフェラーリ「250GTO」なら購入できます! 京商1/18モデルが15年ぶりに復活しました
Auto Messe Web
今年の1台はどのクルマ?「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカー
今年の1台はどのクルマ?「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカー
グーネット
スポーツ系クロスオーバーと都会派SUVに新風。トヨタがヨーロッパで2台のコンセプトBEVをプレビュー
スポーツ系クロスオーバーと都会派SUVに新風。トヨタがヨーロッパで2台のコンセプトBEVをプレビュー
Webモーターマガジン
“本当にF1に相応しいドライバー”かを評価するには、F2よりSFが最適かも?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
“本当にF1に相応しいドライバー”かを評価するには、F2よりSFが最適かも?:英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
motorsport.com 日本版
北極圏で試す! メルセデスAMG『Gクラス』の氷雪路性能…エクスペリエンス・オン・アイス 2024年に開催
北極圏で試す! メルセデスAMG『Gクラス』の氷雪路性能…エクスペリエンス・オン・アイス 2024年に開催
レスポンス
バトルがないからレースに比べて楽しめない……なんて言ってちゃ人生損してる! ラリージャパンに見る「ラリー」観戦の楽しみ方
バトルがないからレースに比べて楽しめない……なんて言ってちゃ人生損してる! ラリージャパンに見る「ラリー」観戦の楽しみ方
WEB CARTOP
なんか速そうな「R」とか「RS」! 「レーシング」とか「スポーツ」かと思いきやまったく違う意味のクルマもけっこうあった
なんか速そうな「R」とか「RS」! 「レーシング」とか「スポーツ」かと思いきやまったく違う意味のクルマもけっこうあった
WEB CARTOP
2023年のF1を”ほぼ”完全制圧。レッドブル、伝統のAutosport Awardで主要各賞総舐め。フェルスタッペンとRB19の”記録”が破られる日は来るのか?
2023年のF1を”ほぼ”完全制圧。レッドブル、伝統のAutosport Awardで主要各賞総舐め。フェルスタッペンとRB19の”記録”が破られる日は来るのか?
motorsport.com 日本版
ダイハツ新型「斬新“軽”」実車展示! 全長3m以下ボディは変幻自在! 激カワ「前後対称モデル」が目指す先とは?
ダイハツ新型「斬新“軽”」実車展示! 全長3m以下ボディは変幻自在! 激カワ「前後対称モデル」が目指す先とは?
くるまのニュース
極東開発パーキング、EV充電管理サービス「チャージモ」開始 時間貸駐車場など向け 機器から管理まで提供
極東開発パーキング、EV充電管理サービス「チャージモ」開始 時間貸駐車場など向け 機器から管理まで提供
日刊自動車新聞

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村