現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 初試乗 新型 BMW 318d 光る素質の高さ 比べるとわかる320d Mスポの良さ

ここから本文です

初試乗 新型 BMW 318d 光る素質の高さ 比べるとわかる320d Mスポの良さ

掲載 更新
初試乗 新型 BMW 318d 光る素質の高さ 比べるとわかる320d Mスポの良さ

もくじ

ー 最新3シリーズはロードテストで5つ星を獲得
ー 320dを知ってしまうと、318dでは物足りない
ー 乗り心地やインテリアに不満はなし
ー 運転を楽しみたいのなら320d Mスポーツ
ー BMW 318dのスペック

画像 BMW 318dと320d Mスポーツ

最新3シリーズはロードテストで5つ星を獲得

英国では1990年代に「From A to B:Tales Of Modern Motoring(テイルズ・オブ・モダン・モータリング)」というドキュメンタリー番組があった。現在でもWebで見ることができるが、中間管理職が会社からの貸与車両(カンパニーカー)について語るもので、低グレードのクルマを嫌がる様子が描かれている。クルマのグレードは、ステータスのシンボルでもあったのだ。

その時代なら、BMW 318dはあまり喜ばれるグレードのクルマではなかっただろう。しかし、クルマとして優れた3シリーズだから、悪くない選択肢ではあるのだけれど。320dの完成度から考えると、318dも充分にその価値は認められるべきものがある。

BMW 3シリーズの中でも、英国では最も人気のグレードとなる320d Mスポーツは、最近行ったAUTOCARのロードテストで5つ星の最高評価を得ている。7代目に進化した最新モデルだ。それでは先代から何が変わったのだろうか。

ざっくりいうと、全体的に先代比で5%くらい、良くなっている。トレッドが広くなりホイールベースも延長され、車内空間も広くなった。車重を削り空気抵抗を減らしながら、室内空間を向上させ、装備もさらに充実させている。

それでは、320d Mスポーツと318dとの違いはどの程度だろうか。

320dを知ってしまうと、318dでは物足りない

今回評価するクルマは、320d Mスポーツではなく、318d。同じ3シリーズだが、エンジンの出力と、ハンドリングやシャシーセッティングで異なるグレードとなる。往々にして、商売的に設けられた今回のようなふたつのグレードの間には、明確な違いは殆どないことが多い。クルマとしてもほとんどが同じ内容ではある。しかし3シリーズの場合、違いは充分に体感できるものだった。

まずはエンジンを見ていくと、318dに搭載されているのは、320dと同じ2.0ℓ4気筒ユニットで、格差を設けるためにディチューンしてある。最高出力は40psも低い150psで、最大トルクは8.1kg-m低い32.5kg-m。組み合わされるのは、とてもできの良い8速ATとなる。

一般道の範囲では、トップエンドまで回さない限り、充分以上に満足できるパフォーマンスを備えている。しかし320dが持つ、楽しさに溢れたパンチ力は存在していない。もし320dを試乗しなければ、318dに不満を感じることはないだろう。反面、もし320dを知ってしまうと、物足りなさを感じるかもしれない。

後輪駆動の3シリーズは、コンパクト・サルーンというカテゴリーの選択肢では最も優れたドライバーズカーだということは周知の事実だ。そして、318dもその事実は変わらない。Mスポーツではない318dであっても、メルセデス・ベンツCクラスよりも優れた才能の持ち主のままだ。

しかし、英国ではすべてのグレードで選択可能なMスポーツ・グレードと比較すると、その差は小さくない。Mスポーツには、Mスポーツ・サスペンションと、バリアブル・スポーツ・ステアリングが付いてくる。

乗り心地やインテリアに不満はなし

ロードテストで5つ星を獲得したのは320dのMスポーツ。オプションのつかない標準のステアリングフィールは、操舵時の手応えや回頭性の素早さが不足気味に感じられてしまう。そのため、リアタイヤの接地性は優れているのに対し、コーナリング時の身のこなしに魅力を感じにくい。

一方で、ドライビング・ダイナミクスを高めると乗り心地が犠牲になるのが通例。今回の318dは18インチホイールにアダプティブではない、通常のダンパーという組み合わせだった。その結果、Mスポーツよりもバンプを越えた際の衝撃は明らかに穏やかになっている。ただ、平均で見ると硬めな設定であることには違いなく、田舎道の路面が悪い区間では、落ち着かないところもあった。

インテリアでは、操作のしやすさや素材の質感などに関しては、少なくともアウディA4と同レベル。むしろ、メルセデス・ベンツCクラスより上質に感じられるかもしれない。テスト車両に装備されていたのは、ベーシックな8.8インチのインフォテインメント・システムに、アナログメーターが並ぶインスツルメントパネル。先の320d Mスポーツには10.0インチのインフォテインメント・システムにデジタルインスツルメントだったから、その差はあるものの、それでも充分にモダンな仕上がり。エグゼクティブ・サルーンとして、充分に受け入れられる内容のものだといえる。

操作しやすい物理的なボタンやiドライブのコントローラーは残されており、歓迎できる。多くのライバルがタッチモニター式に切り替わる中で、実際のフィードバックのある触覚が残されている点は評価したい。

運転を楽しみたいのなら320d Mスポーツ

BMWによれば、英国での320dと318dとの販売割合が3:1程度になると見込んでいる。3シリーズを取りまとめるBMWのジェームズ・トンプソンによれば、「318dは、より予算を重視するお客様をフォローするためのグレードなのです」 と話していた。

今回の318dに対する批判的な部分は、320dと比較した時にでてくるもの。だが価格差はわずかに1160ポンド(15万円)で、CO2の排出量にも大きな差はない。同じ排気量を持つエンジンだということを考えると、読者の選択はいかがだろうか。

もし運転することに多少でも楽しみを求めるドライバーなら、Mスポーツにアップグレードすることをお薦めする。ハンドリングでの見返りは小さくはない。それでもなお、320dの持つパワーの魅力は捨てがたいと思う。予算も限定的なカンパニーカーとするなら、318dは正しい選択肢にはなるだろう。しかし320dの優れた評価は、まったく変わることはない。

BMW 318dのスペック

価格:3万5195ポンド(478万円)
全長×全幅×全高:4709✕1827✕1435mm
最高速度:223km/h
0-100km/h加速:8.3秒
燃費:19.2km/ℓ
CO2排出量:138g/km
乾燥重量:1455kg
パワートレイン:直列4気筒1995ccターボ
使用燃料:軽油
最高出力:150ps/3750-4000rpm
最大トルク:32.5kg-m/1500-3000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【V8 SUVテスト】優れたパフォーマンスと極上のサウンド 新型アウディ「SQ8 TFSIクワトロ」を徹底テスト&総評価!
【V8 SUVテスト】優れたパフォーマンスと極上のサウンド 新型アウディ「SQ8 TFSIクワトロ」を徹底テスト&総評価!
AutoBild Japan
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
motorsport.com 日本版
“地獄渋滞”名神の救世主「名岐道路」に反響多数!?「一刻も早く開通して」悪名高い「一宮JCT」スルー! 名古屋高速を「東海北陸道」へ延伸
“地獄渋滞”名神の救世主「名岐道路」に反響多数!?「一刻も早く開通して」悪名高い「一宮JCT」スルー! 名古屋高速を「東海北陸道」へ延伸
くるまのニュース
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
レスポンス
イタリア発の「スポーツネイキッド」は赤いストライプとチェッカー模様がおしゃれ! ベストセラーの特別仕様は“強化されたエンジン”にも注目です
イタリア発の「スポーツネイキッド」は赤いストライプとチェッカー模様がおしゃれ! ベストセラーの特別仕様は“強化されたエンジン”にも注目です
VAGUE
腕1本で稼げるから……なんて甘い社会じゃない! タクシー運転士は思ったよりも「社会の縮図的」職業だった
腕1本で稼げるから……なんて甘い社会じゃない! タクシー運転士は思ったよりも「社会の縮図的」職業だった
WEB CARTOP
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
くるまのニュース
4ストなのにマフラーから白煙が消えない!? その原因とは?
4ストなのにマフラーから白煙が消えない!? その原因とは?
バイクのニュース
[カーオーディオ・素朴な疑問]メインユニット…『アルパイン・BIG DA』のオーディオ機器としての実力は?
[カーオーディオ・素朴な疑問]メインユニット…『アルパイン・BIG DA』のオーディオ機器としての実力は?
レスポンス
ランボルギーニ ウラカン/スパイダー/STO/ステラート【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
ランボルギーニ ウラカン/スパイダー/STO/ステラート【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
スバル新型「爆速スポーツセダン」発表に反響多数! 「欲しい」「MTあるの!?」の声! 特製STIチューン&水平対向エンジン搭載の「WRX tS」米国で登場
スバル新型「爆速スポーツセダン」発表に反響多数! 「欲しい」「MTあるの!?」の声! 特製STIチューン&水平対向エンジン搭載の「WRX tS」米国で登場
くるまのニュース
635馬力の“史上最強モデル”ランドローバー新型「ディフェンダー・オクタ」“日本初公開”で明らかになった「舗装路での驚異の実力」とは?
635馬力の“史上最強モデル”ランドローバー新型「ディフェンダー・オクタ」“日本初公開”で明らかになった「舗装路での驚異の実力」とは?
VAGUE
【NISSAN ARIYA presents THE BATTERY ~石橋貴明 あの人と、どらいぶ。~】脚本家の坂元裕二さんを迎えてのドライブトーク
【NISSAN ARIYA presents THE BATTERY ~石橋貴明 あの人と、どらいぶ。~】脚本家の坂元裕二さんを迎えてのドライブトーク
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」公開! “顔面ほぼグリル”な「プロナード」後継機! 顔面刷新の「アバロン」中国に登場
トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」公開! “顔面ほぼグリル”な「プロナード」後継機! 顔面刷新の「アバロン」中国に登場
くるまのニュース
日産が「新型スポーツSUV」発表! 赤エアロ×超静音の電撃“クロスオーバー”近日発売!? NISMO復活で欧州歓喜!?
日産が「新型スポーツSUV」発表! 赤エアロ×超静音の電撃“クロスオーバー”近日発売!? NISMO復活で欧州歓喜!?
くるまのニュース
一般ドライバーもおトクになる! 長距離割引の拡大に注目だ【清水草一の道路ニュース】
一般ドライバーもおトクになる! 長距離割引の拡大に注目だ【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
ブリクストン「サンレイ 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「サンレイ 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
シンプルでも機能は万全! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
シンプルでも機能は万全! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

468.0729.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0930.0万円

中古車を検索
3シリーズ クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

468.0729.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村