サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クラッシュで0周リタイアを喫したフェルスタッペン。接触の引き金になったハミルトンとのタイム差

ここから本文です
 2021年F1第10戦イギリスGPでは、タイトル争いをリードするマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、スタート直後にルイス・ハミルトン(メルセデス)と絡んで0周リタイアを喫した。対するハミルトンはしぶとく勝ち残り、28ポイントだった両者の差は、一気に8に縮まった。

 さらにセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)も入賞を逃し、44あったレッドブルとメルセデスの点差はわずか4点に。レッドブル陣営にとっては、甚大なダメージになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン