サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZFの最新自動運転レベル2+システム、自動車メーカーに初の純正採用

ここから本文です

ZFは2月23日、最新の自動運転のレベル2+システムの「coASSIST」が、初めて自動車メーカーに純正採用された、と発表した。中国の自動車メーカーの東風汽車が、市販モデルに採用している。

ZFのcoASSISTシステムは、低コストとしているのが特長。ユーロNCAP 2025で予測されるテストプロトコルに適合しており、一般的な レベル2+の機能を提供する。このシステムには、最新の第21世代(Gen21)中距離用レーダーを搭載している。

ZFのcoASSISTは、モービルアイと共同開発された。モービルアイの「EyeQ」カメラテクノロジーを導入する。

おすすめのニュース

サイトトップへ