サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【角田裕毅F1第3戦密着】改善されない低グリップ路面で奮闘「課題はあるが、それほど悪い予選ではなかった」

ここから本文です
 通常であれば、グランプリ2日目に入った土曜日のコースは、路面にラバーが乗り、前日よりもグリップが上がっていく傾向にある。しかし、昨年10月のポルトガルGP開催に向けて路面を再舗装したアルガルベ・サーキットは、新しいアスファルト特有の滑りやすい路面に変わり、それは半年経った今年も変わりなかった。そして、その路面と多くのドライバーが格闘していた。

 優勝経験もあるダニエル・リカルド(マクラーレン)は「フラストレーションのたまる1日だった。どこで間違ったのかはまだよくわからない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン