サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WRC】誰も助けてくれない……マシン横転のグリーンスミス、マーシャルの対応に憤慨「フロントガラスを蹴破るしかなかった」

ここから本文です
 ケニアを舞台に行なわれているWRC第6戦サファリ・ラリーは、3日目を終えて多くのドライバーがトラブルやアクシデントに見舞われる波乱のラリーとなっている。Mスポーツのガス・グリーンスミスは、SS8の低速右コーナーで轍に足を取られて横転。その際のマーシャルの対応に憤りを見せた。

 グリーンスミスとコ・ドライバーのヨナス・アンダーソンはアクシデントの後、セーフティマーシャルからの助けを受けられないまま、横転したフォード・プーマの中に約3分間閉じ込められる格好に。結局ふたりはフロントガラスを蹴破ってマシンから脱出した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン