サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > かつてF1オーストラリアGP開催のアデレード市街地コース、取り壊しの可能性。”遺産化”議論も反対の声

ここから本文です

 かつてF1やスーパーカーのレースが行なわれた、アデレード市街地コースの存続が危ぶまれているようだ。ヴィクトリア公園の再開発に伴い、舗装路を撤廃することが検討されているためだ。

 10月13日にアデレード市議会で行なわれた会議において、ヴィクトリア公園について議論が行なわれ、ダグ・マケボイ教授が「気候変動による夏場の過酷な暑さと樹木の不足により、ヴィクトリア・パークの公共の快適性が脅かされている」と語ったのだ。

■F1オーストラリアGPの予選タイムが5秒速くなる? アルバートパークの改修工事が進行中

 マケボイ教授によると、解決策は樹木を増やし、可能な限り固い路面を取り除くことだという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン